月刊誌案内
最新号案内

バックナンバー

月刊誌記事検索

購読更新

合本案内 子どものいのちを守りたい 放射能と遺伝のお話

「食品と暮らしの安全」バックナンバー

バックナンバーは1冊税込1080円(1 〜199号 840円、200〜298号 1,050円)です。

ご注文は、メール・お電話・FAXで受付けております。

TEL:048-851-1212 (平日10:00〜18:00 土日祝日休み)
FAX:048-851-1214

※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。

◎過去12号前までは、ホームページからご注文ができます。⇒こちらから。

月刊紙記事検索にて、記事を探すこともできるので合わせてご利用下さい。

<2015年>
2015年12月号(No.320)

月刊誌表紙 ●マンションの安全は地盤から
<地盤の専門家・塩坂邦雄博士&
        山賀康弘一級建築士に聞く>


問題になった横浜の傾斜マンション。
国土地理院の土地条件図を見ると、
「盛土地・埋立地」に建っていました。

このような場所では、支持層に届く杭が必須で、
工事の基本です。
ところが、届いていない杭のデータ改ざんで、
マンションは傾斜。
データの改ざんは担当者1人にとどまらず、
多数の人間が関与しており、
業界最大手でも、杭工事のデータ改ざんが判明しました。

気になるのは、自分が住むマンションの安全性です。
まずは、立地の地盤を調べましょう。

マンション地盤の危険度がわかる図解、
マンションの傾きの確認法もご紹介しました。


●ミネラル実測データ⑮ 水煮ニンジン
カリウムがなくなっていた!


ニンジンをカットし、煮た後、水洗いを繰り返してからパックし、
「筑前煮」「味噌汁の具」「きんぴら用」「豚汁の具」などと
販売される水煮食品から、
ニンジンだけを取り出して検査すると、100g中、カリウムが2㎎でした。
皮つき生ニンジンには280㎎含まれるので、ゼロに等しい値です。

カリウム不足で様々な症状が起きます。
脱力感、疲労、食欲不振、便秘、味覚低下、吐き気、筋肉痛、筋力低下、乾燥肌など。

神経機能も低下して、不安感、イライラ、睡眠障害、
無関心、意識障害、意識混濁、非合理的行動などの症状も。

さらに、心臓にも障害が起きて、不整脈が出るようになります。
カリウムの血中濃度はほぼ一定ですが、
少し下がると、心臓が止まって死にます。

水煮食品で、命を縮めた国民が、少なくなさそうです。


●気になる症状⑲朝、起きられないのは

冬になると特に朝がつらいものです。
「夏は早起きできたのに冬はどうも」なら、正常でしょうが、
年中となれば異常で、病気のせいかもしれません。

子どもが幼稚園に通っているAさん。
どうしても朝、起きられず、夫が代わりに幼稚園へ送っていました。
「朝が弱い」という一言で片づけられない事態に受診すると、
検査結果から、「隠れ」甲状腺機能低下症と考えられ、
治療薬を服用すると、効果はてきめん。
翌日の朝から早く目が覚めるようになりました。

睡眠の質が悪ければ目覚めが悪く、朝は起きられないことに。
「眠りの妨げ」の陰に病気が潜んでいるかもしれません。

詳しくは誌面で。


●ヘアカラー剤で深刻な皮膚障害

ヘアカラー剤で深刻な皮膚障害が相次いでいると、
消費者庁が警告しました。

酸化染毛剤に主成分として含まれるパラフェニレンジアミンや
メタアミノフェノール、パラアミノフェノールなどの
酸化染料は、アレルギー性接触皮膚炎の原因物質で、
まれに急性アレルギー症状「アナフィラキシー」を引き起こし、
呼吸困難に陥る場合もあり、死亡例もあります。 

安全基金は、2001年、北里研究所の坂部貢博士と共同で、
ヘアカラーの環境ホルモン作用を調べると、
調べたヘアカラー剤のすべてが、
乳ガン細胞を増殖させ、環境ホルモン作用を持つこと確認されました。

マウスを使った別の実験では、
子宮重量の減少や免疫系のかく乱が、確認できました。
これらの実験結果は、次のページで公開しています。
  http://tabemono.info/report/former/4.html

白髪染めにも、ご注意を。
家で使うなら、安全な天然染料「ヘナ」がおすすめです。
ただし、市販のヘナの中には、
天然ハーブの代わりに、合成染料を混ぜたものもあるので、
確認してから買うようにしましょう。

【CONTENTS】 傾斜マンション問題 <地盤の専門家・塩坂邦雄博士    &山賀康弘一級建築士に聞く>  ◇マンションの安全は地盤から  ◇危険度を知って対策を  ◇<地盤の危険度一覧表>付 ヘアカラー剤●深刻な皮膚障害の警告 韓国●食肉で発ガンの大騒ぎ アメリカ●“肉離れ”が加速? 中国●「二人っ子政策」後の衝撃 気になる症状●朝、起きられないのは リニア●建設は違法 経済●やっと成熟した?日本 新タイプ洗濯用洗剤●冬こそマグちゃんで 活動と考え方●渡辺文学さんを見習って頑張る 現代の食生活を正す●抗精神病薬服用、リストカット ミネラル実測データ ⑮水煮ニンジン   学者・栄養士・医師・国も知らないカリウム不足   想像を絶する欠乏   危ない水煮食品の料理   カリウム不足で様々な症状   「ゆでる」と「水煮」は大違い

  

月刊誌2015年12月号(320号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     32ページ



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年11月号(No.319)

月刊誌表紙 ●ミネラル実測データ⑭黒米、雑穀ごはん

「日本の主食はコメ」ですが、
今、日本人の健康を損ねているのは、その白米です。
中身を抜いたおかずを食べるようになったのに、
白米を食べていれば、 栄養失調で多数の死者を出した日清・日露戦争の陸軍と同じようになります。

コンビニ、スーパー、持ち帰り弁当、
定食屋の雑穀ご飯は、1食平均160g。
ミネラルを実測すると、亜鉛が多く含まれていました。

まず、雑穀ご飯を選んで、
不足するカルシウム・マグネシウム・鉄を、
どう摂るかを考えること。
その方法とは?



●地震、津波、原発事故の被災から再起を目指す花兄園

東日本大震災で大きな被害を受けた
「安全・健康な卵」を生産する花兄園。

3.11の津波で石巻市の養鶏場は跡かたなく流され、
4月7日の余震で、宮城の2養鶏場が閉鎖に。
津波にも、地震にも耐えた主力の大熊農場は、
原発事故による放射能汚染で再開不能。
川俣町のヒナ育成農場も放射能汚染。

それでも、再び「完全無薬」の飼育へと、
再起を目指し奮闘する大須賀木社長の前に、
いま立ちはだかるのは、補償を渋る東京電力です。


●ノロウイルスが流行し始めたら

誰も免疫を持たない変異した新型ノロウイルスが2014年に発見され、
今年は、新型が主流になって拡大を始めていると報道されました。

これから流行する可能性が高いのですが、
ノロウイルスが厄介なのは、
感染力が非常に強いことと、空気感染すること。

予防には手洗い、マスク。
家族間に汚染を広げないためには、
排気のきれいな掃除機が重要です。

いま、排気のきれいな国産掃除機とは?

 家族を守る ノロウイルス対策(2011年1月号No.261より)

 排気のノロウイルスで胃腸炎(2006年9月号 No.209)


●<対談> 岡田新一郎 氏 & 小若順一 編集長
TPP決着で揺らぐ食の安全


TPP交渉がついに決着。
マスコミは輸入品が安くなることばかり強調しますが、
危険な農薬や食品添加物に汚染された食品が、
どんどん日本に入ってきます。
食品の安全や農業はどうなるのか
元・農団労委員長の岡田新一郎氏に聞くと、
「アメリカが自分のやりたいように
貿易のルールを変えようとしていることだ」

日本のマスコミは書きませんが
まさに、TPP参加は国を売ったということだと指摘。
TPP時代を迎え、私たち消費者
一人ひとりはどうすればいいのか、アドバイスとは?


【CONTENTS】 再起を目指す花兄園  地震、津波、原発事故の被災から ノロウイルスが流行し始めたら TPP決着で揺らぐ食の安全 〈対談・岡田新一郎 氏 & 小若順一 編集長〉 アメリカ●「耐性菌」取り組み、大半が不合格 中国●中国流・新植民地政策 気になる症状●最近、体重が増えていませんか リニア●もっと広く「着工中止」の声を 経済●アップルが車をつくる理由 新タイプ洗濯用洗剤●1年目の洗濯槽クリーニング 活動と考え方●軽減税率より、「玄米免税」を 製薬会社から日本ADHD学会に金が 食事で慢性病を治すプロジェクト  慢性病を治したい人の基礎調査票  食事の調査票  ミネラル摂取の点数表  心身変化の調査票 ミネラル実測データ⑭  黒米、雑穀ごはん

  

月刊誌2015年11月号(319号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     36ページ



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年10月号(No.318)

月刊誌表紙 ●トリチウム汚染水を放出開始
凍土壁の内側にある井戸「サブドレン」から、
原発汚染水を吸い上げ、海への放出を開始。
三重水素のトリチウムは、浄化しても取れません。
100年保管し、1000分の1にして放出すべきものを、
今、放出を始めたので、太平洋が汚染され、 魚の不安が増しています。

水の水素分子として蒸発し、雨になって降り注ぎ、
水道水や農産物を汚染して、遺伝子に入り、
数年後からガンにかかる人を増やしていきます。



●住まいを安全に

大地震のとき、意外な盲点は、塀や壁、古いビルやマンションの 外付け階段です。

石垣の、上の方が道路に張り出し、コンクリートの目張りは飛び出している塀など、
大地震のときに危険な塀や壁は、全国どこにでもあるでしょう。
普段から危ない箇所をチェックし、
地震のときは危ない箇所から離れるよう子どもに教えておきましょう。

古いビルやマンションの外付け階段にも、危険がいっぱい。
大地震が起きたら、階段の一部や全部が、崩れ落ちてくる可能性があります。
普段から注意すべき点とは?

家が傷んできて、業者に言われるままリフォームすると、
多額のお金を使って、シックハウスになりかねません。
安全で快適な住まいを維持する方法とは?
安全なリフォームを相談できる設計事務所をご紹介しました。

気をつけてほしいのは、シロアリ防除。
現在、使われている薬剤は、主にネオニコチノイド系とピレスロイド系。

シロアリ防除のチラシなどで、ネオニコチノイド系薬剤を、
「安全性が極めて高く」「食塩よりも毒性が低いとされています」と説明していても
「塩より」は、大量に食べた場合の急性毒性、
肝心の神経毒の比較ではありません。
欧州食品安全機関は、「低濃度でも人間の脳や神経の発達に影響を及ぼす恐れがある」と見解を発表しています。

命を落とさなくても、心と健康がむしばまれ、
凶暴になりかねない薬剤なのです。

農薬系薬剤を使わないで、ヒバ油などを用いる防除に徹している (有)ハウスキーパー(東京)の島津正氣社長にお話を伺いました。

(有)ハウスキーパー
http://www.housekeeper.jp/


●甲状腺ガン、福島の青年に多発し136人に

甲状腺ガンや、ガンの疑いと、2巡目の検査で診断された人は
10人増えて、 25人(6月末)になったと、検討委員会で明らかになりました。
1巡目の111人と合せて、福島県で甲状腺ガンは136人に発生しました。

2011年に原発事故が発生した直後から、
東京・小平市で甲状腺の精密診断をしてきた三田茂医師は
「これまで、0〜5歳には甲状腺ガンと、ガンの疑いは1人も出ていません」
「2次検査で見つかった25人の平均年齢は 17歳です。
震災当時は平均13.2歳でした。
チェルノブイリ原発事故では、乳幼児に多く発生ましたが、
フク シマはまったく違っているのです」と
検討委員会に出た甲状腺ガンの年齢分布図を見せながら、
驚くような説明をしてくれました。


●ミネラル実測データ⑬しじみ・あさりの即席みそ汁は?

豆腐、ワカメ、野菜がたっぷり入った手作りみそ汁を、
お代わりしながら食べていたの が、50年前の日本人です。
味噌には、大豆の豊富なミネラルがそのまま受け継がれ、
だしは、もちろん煮干しなので、
みそ汁だけですべてのミネラルが、
今の食事摂取基準を超えていたと考えられます。

みそ汁を飲む量が減り、インスタントの即席みそ汁に替わったことが、
ミネラル不足を招く要因になっています。

手作りみそ汁に戻れ! と言っても、戻れる人は、ごく少数。
即席みそ汁のミネラル実測データとともに、
即席みそ汁で、健康を維持できるようにする方法を、ご紹介しました。


【CONTENTS】 住まいを安全に  地震対策、普段から気を付ける箇所  安全な家にする方法  ストップ!シロアリ防除 甲状腺ガン●福島の青年に多発し136人に フランス●高校まで教育費は無料、老後は遊んで <対談 : 今井伸氏 & 一ツ橋史郎氏> 中国の異変とこれから アメリカ●原発事故で3人目の犠牲者 気になる症状●秋に増える咳に注意 リニア●電磁波問題はないことにしている 経済●「普通の経済」に戻りたい 新タイプ洗濯用洗剤●エコ洗剤を使いこなす ウクライナツアーのご案内 活動と考え方●ありがとうウクライナ、今度は日本で ミネラル実測データ⑬  しじみ・あさりの即席みそ汁は?

  

月刊誌2015年10月号(318号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     32ページ



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年9月号(No.317)

月刊誌表紙 ●今は西日本が危ない
スーパーにも置いてある「コバエを捕獲する」という商品。
使われている殺虫剤は、
心を凶暴にする神経毒の影響が心配されるネオニコチノイド系「ジノテフラン」。
傾ければ、容器の中でちゃぽちゃぽしている薬剤が、こぼれそうです。
お子さんの脳が被害を受けないように、使うな、危険!

中国から飛んでくる「PM 2.5」が問題になるのは、
微小粒子状物が肺まで入り、呼吸器、循環器系への悪影響が心配されるからですが、
それより怖いのが、掃除機の排気。

アレルギーを起こすチリダニは300㎛、スギ花粉は30㎛程度の大きさなのに、
掃除機の中でダニは粉々に、花粉も花粉症を起こす部分がはがれます。

0.3μmのチリが7,385個/㎥だった室内で、掃除機のスイッチを入れ、
部屋の空気を吸わせると、排気は一挙に107,118個/㎥に。
掃除機のフィルターから漏れ、部屋中に飛び散ったのです。



●元国立健康・栄養研究所理事長 渡邊昌医師に聞く
食事で病気を治そう


糖尿病を玄米食と運動で克服した渡邊昌医師は、
食・心・体を一体的にとらえる「統合医療」を提唱しています。
食の大切さや現代医療の問題点を改めて伺いました。

人はみな健康的に寿命いっぱい生きたいと願っている。
だったら、不足を補い、余分だから体外に出すと考えるよりも、
食べれば健康になるという生き方を選んだ方がほうが、より簡単。

未病とは、メディカルチェックの検査値が異常でも症状はない、
あるいは逆に、症状はあっても検査値は異常ではないという状況。

未病は自力で健康に戻すことができるし、
医者も、未病の人を病気と診断して治療してはいけない。
医者は、薬を処方するのではなく、
自力で健康体に戻る努力をサポートするのが、本来の役目……。

糖質制限は危険という情報も。

渡邊昌先生の新刊『「食」で医療費は10兆円減らせる』 発行:日本政策研究センター
定価 (800円+税)
◆ご注文:書店で。
または、「医と食」編集部<azur@lifescience.or.jp>に、
「書名・送り先・冊数」を明記して連絡すれば代金後払い、送料サービスで送付してもらえます。


●ガン治療を考える 第4弾

「医師は本気で治そうと思っているか」

「医療は患者に役立つものでなくてならないはず」なのに、
現実は「本気で治さない医療」と指摘し続ける田辺功氏が
「無謀な」ガン治療の実態を指摘します。

日本の保険医療制度の問題点も指摘。
上手な手術だと2週間で退院できるのが、
手術に失敗すると入院期間は延び、患者の容体は悪化し、
追加治療で医療費は高くなり、病院はその方が儲かる……。

では、私たちはどうすればいいのでしょうか。


●ミネラル実測データ⑫

少し高価な京都弁当、
和食1000 円ランチ、「キッズプレート」
「やわらか食」「冷凍ワンプレート」のミネラル量とは?
菓子 つまみでもミネラル。
手軽なミネラル補給方法も、お知らせします。


【CONTENTS】 住まいを安全に  脳が危ない!「コバエとり」  「PM 2.5」より怖い掃除機の排気 ウクライナ報告  慢性病は食事と伝統療法で  ツアーのご案内 ガン治療を考える④ 治さない医療 渡邊昌医師(元国立健康・栄養研究所理事長)に聞く   食事で病気を治そう アメリカ●新農薬めぐり、政府を提訴 中国●国家経営に苦悩する習主席 気になる症状●油断できない皮膚トラブル 危ないリニア新幹線●神奈川県に「誘導集電設備」 経済●新聞が売られる理由 新タイプ洗濯用洗剤●肌が敏感な方におススメ 活動と考え方●現代の有害な食品添加物 現代の食生活を正す●幸せを感じる日々に ミネラル実測データ⑫  菓子やつまみでもミネラル補給  「キッズプレート」「冷凍ワンプレート」  「やわらか食」和食1000 円ランチ  少し高価な京都弁当

  

月刊誌2015年9月号(317号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     36ページ



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年8月号(No.316)

月刊誌表紙 ●特集・食べものを安全に
「健康でない」と感じている人は、
食事を良くして、健康が向上すれば、
不健康の原因はふだんの食事だと確認できます。

健康被害が多く出ているのは、
ミネラル不足、放射能汚染、ポストハーベスト農薬の順となりますが、
ただ、個人差が大きいので、ご自身で、
「自分と家族にとって一番健康を損ねているのは何か?」
「2 番目は?」と考えないと、正しいことはわかりません。

「必ず見つける」と思って、考えることが大切。

食べものを安全にして健康被害を少なくし、
健康になるためにはどうすればいいのか。
その基本をお知らせします。



●ガン治療を考える、第3弾「放射線治療のすすめ」

多くのガンで共通するのは、
「手術(外科治療)」、「放射線治療」、そして「薬物治療(抗ガン剤治療、化学療法)」。
この3つを、ガンの三大治療法と呼びますが、
日本の特徴は手術が圧倒的に多いこと。

筆者・田辺功氏自身もガンで胃を全摘。
その体験談を6月号に掲載しましたが、
今回は、日本におけるガン治療の問題と対策を掲載。

田辺氏は、放射線治療を勧めますが、
その理由とは?

身近な人が、万が一、ガンになったとき、
治療法はどうしますか?
いざという時のために、ぜひ読んでおいていただきたい記事です。


●ミネラル実測データ⑪

専門店とスーパーの天丼を検査すると、
やはり、不足しやすいカルシウム・マグネシウム・鉄が大幅不足。

その上、油溶性の栄養素が油に溶け出ているので、
病気にかかりやすくなり、よく太る食事です。

天丼を食べるときは、冷奴を付けると、
マグネシウムと鉄の不足を補えます。

では、牛丼は? 
ギョーザやパスタは?
焼きそばは、どうでしょうか。

手軽なミネラル補給方法も、お知らせします。


【CONTENTS】 特集 食べものを安全に  ・ミネラルを豊富に  ・放射能を避ける  ・農薬の摂取を少なく 「子どもの生命を守る1ベクレル連合」 ウクライナツアーのご案内 ガン治療を考える③放射線治療のすすめ アメリカ●サブウェイが第2のマックに? 中国●株暴落でAIIBが見えなくなった 気になる症状●顔が赤くなったら 危ないリニア新幹線●沿線の地権者は約5千人 経済●政府がバブルを膨らませている 新タイプ洗濯用洗剤●環境に良くて長く使える 活動と考え方●言論統制の進む日本 現代の食生活を正す●続々とうれしい体験談 ミネラル実測データ⑪  食品衛生と栄養の両立を  ギョーザ、牛丼、パスタ、焼きそば  やはり天丼はミネラル不足

  

月刊誌2015年8月号(316号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     32ページ



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年7月号(No.315)

月刊誌表紙 ●口永良部島と川内原発を結ぶ「火山フロント」
(塩坂邦雄博士に緊急インタビュー)

鹿児島県の沖合に浮かぶ
口永良部島の新岳で5月29日、
爆発的な噴火が起きました。
推定最高速度毎時140㎞の火砕流は
島の海岸まで到達し、
全島民が、着の身着のまま、船で島から脱出。
口永良部島は、
マグマ爆発の連鎖が起きやすい火山の帯、
いわゆる「火山フロント」の上に乗っています。

その口永良部島と同じ火山フロント上にあるのが、
鹿児島県の川内原子力発電所を取り巻く活火山群。
その川内原発の再稼働に、政府はゴーサインを出しました。
川内原発の再稼働は、
西日本壊滅のリスクが生じます。

5月30日には小笠原沖地震。
浅間山は警戒レベルが「レベル2」に引き上げられ、
6月6日には小規模ながら噴火。

震度5レベルの地震や火山噴火が頻繁に起きていますが、
大地震は近いのか?
富士山噴火はあるのか?
富士川断層の発見者・塩坂邦雄博士に、
緊急インタビューしました。



●ガン治療の前にセカンドオピニオン

パソコンやカメラでも、いくつもの機種の性能や使いやすさを調べてから購入。
医療も同じこと。

「治ったときの生活の質まで考えて治療を選ぶべき」と、
自らの経験からセカンドオピニオンの必要性に注目し、
市民団体「市民のためのがん治療の会」を創立した會田昭一郎代表。

「私たちの活動は、本来、行政がやるべき仕事」
「ガンの国民生活センター版、ガン何でも相談センターを作ってほしい」と、
厚生労働省に働きかける曾田氏の体験とは……。


●ネオニコ系農薬の残留基準緩和

厚生労働省が、ネオニコチノイド系農薬の残留基準を緩和しました。
クロチアニジンの食品残留基準は、
ホウレンソウの場合、従来の13倍強の40ppm、
カブの葉は2000倍の40ppm、
シュンギクは50倍の10ppm、
コマツナは10倍の10ppm、
ミツバが1000倍の20ppm、
パセリが7.5倍の15ppmなど……。
さらにアセタミプリドで、シュンギクとレタスなどと、
私たちがふだんよく食べる野菜の残留基準値が大幅に緩和。

2011年には、主要ネオニコチノイドのイミダクロプリドと、
農薬の使用量が増える中、現状に合わせるために甘くした措置。

EUやアメリカなど「予防原則」政策をとる世界的な流れに逆行しており、
健康被害への懸念が強まっています。


●ミネラル実測データ⑩冷やし中華
ファミレス、スーパー、コンビニの冷やし中華を検査すると、
主要ミネラルがすべて、心身にリスクのある低水準でした。

冷やしうどん、冷や麦、そうめんは、具が少ないので、
ミネラルは、冷やし中華より少ない量しか含まれません。

「日清カップヌードル」は、全5ミネラルが大幅に不足。
14 種即席めんの平均値は?

このような食事を続けると1ヵ月で心身を損ねます。

心身の健康を維持に、ミネラルは、十分すぎるほど豊富にとること。
サプリメントでは、健康障害が出やすいのですが、
食事で基準の上限を超え、危険になることはありません。

手軽なミネラル補給方法も、お知らせしました。


【CONTENTS】 塩坂邦雄博士に聞く  ・火山の危険増す川内原発  ・これからも頻繁に起きる地震と噴火 ウクライナ●日本政府が食品安全で支援 ガン治療を考える②治療前にセカンドオピニオン ネオニコ系農薬の残留基準緩和 アメリカ●スマートメーターに No ! 中国●史上最悪の景気下で“株の熱狂” 気になる症状●最近少し元気がない 危ないリニア新幹線●山梨県駅予定地 経済●日本企業のお金の使い方 新タイプ洗濯用洗剤●マグちゃんに感謝 活動と考え方●おごるな ! 日本政府 世界一多い子どもの自殺 現代の食生活を正す●新たな希望が次々と ミネラル実測データ⑩  ・ミネラル摂取を3倍以上に  ・カップヌードル、インスタントラーメン  ・冷やし中華でミネラル不足

  

月刊誌2015年7月号(315号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     36ページ



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年6月号(No.314)

月刊誌表紙 ●放射能汚染による格付けを改訂
放射能汚染された食べもので、
心臓や血管をやられて命をとられないように、
1ベクレル/㎏以下の食品を選ぼうとしても、
5ベクレル/㎏以下まで検査した食品は少ないので、
その検査データを見つけるのは大変。

食品を選ぶ目安に、格付け図を参考にしてください。
広がったAランクの地域のものを食べていれば、安心です。

Cランクには、危険な食べものがたくさんあり、
Bランクでも、10ベクレル/kgを超えるものがあります。
避けたり、データを確認した方がいい食品を紹介しました。

改訂版 格付け図



●ミネラル実測データ⑨自然食のミネラル、ホイコーロー弁当

大豆にはミネラルが多く含まれるので、
豆板醤などの味噌を入れた肉味噌野菜炒めの
ホイコーロー(回鍋肉)弁当を実測すると、
「惜しくも失格」という結果でした。

自宅で、肉野菜炒めを手作りしたら?
それでも、カルシウム・マグシウム・鉄不足で、
味噌大さじ1杯強を入れても、やはり足りません。

外食では成分が抜けて、もっと足りません。
ところが、簡単に「健康にいい食事」になる方法がありました。
魚粉を入れてミネラル強化したもののデータもご紹介しました。
ぜひ、参考にしてください。

今回は、自然食のミネラルを調べたデータもご紹介。
市販の自然派弁当は、合格スレスレ。
手作り玄米自然食弁当は、驚きのパーフェクト。

歳をとると、食べる量が減ります。しかし、 体の機能が衰えるので、
円滑に体を働かせる ミネラルの必要量は、ほとんど減りません。
少量でミネラルを多くとれる玄米自然食は、
高齢者にもいい食事です。


●ガン検診・ガン治療を考える

日本人が生涯にガンにかかる率は、男性は2人に1人、
女性は3人に1人、といわれています。
ガンを告知された2人の方の体験談と、
寺澤政彦医師の助言を記事にしました。

「医者に行っても治らない病気」を連載していた
医療ジャーナリスト・田辺功さんが「早期胃ガン」に。
迷いつつ胃の全摘手術を受けると、
何より、食事に苦労する羽目に陥ってしまいました。
その体験とは。

ガンとわかったとき、すでに末期ガンだった西田さん(仮名)。
兆候を把握できなかったのは?
ガン検診を受ける意味は? 
医者と話すときは?
西田さんの体験と寺澤政彦先生の助言には、
記憶にとどめておきたい知識が数多くあります。


【CONTENTS】 放射能汚染の現状  ・放射能汚染による格付けを改訂  ・危険な東日本の土壌汚染 ウクライナ・ナロジチ町の学校  ・「完全に健康な子はいない」  ・まず、牛乳を安全にする ガン検診・ガン治療を考える 2人の「ガン」体験談、寺澤政彦医師の助言 アメリカ●脱・抗生物質の動き広がる 中国●中国の大トリックに感嘆する 気になる症状●アトピー性皮膚炎の対策 危ないリニア新幹線●トンネルで事故が起きたら 経済●サウジの世代交代 新タイプ洗濯用洗剤●臭いが消えた! 活動と考え方●甲状腺ガンの子は127人に 現代の食生活を正す●体験座談会で感動の涙 ミネラル実測データ⑨  ・玄米自然食を復活させよう  ・自然食のミネラル  ・ホイコーロー弁当

  

月刊誌2015年6月号(314号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     36ページ



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年5月号(No.313)

月刊誌表紙 ●墜落事故のウラにある向精神薬
3月24日にドイツ機を墜落させた副操縦士は、
重いうつ状態で、複数の心療内科にかかっていて、
複数の向精神薬を飲んでいたことが判明しています。

ドイツ機の墜落事故と、
向精神薬がどう関連するかですが、
向精神薬は、麻薬、危険ドラッグと似た副作用のある
医薬品です。

向精神薬の副作用で、
さまざまな事件が起きてきたことは事実。
近年多発している「猟奇的事件、通り魔、大量殺人事件、動機が不可解な事件」などの
多くに共通するのが「加害者が向精神薬の服用している」ことです。

向精神薬の危険な副作用とは?

向精神薬の販売量を増やすマーケッティング活動の
ターゲットとされるのは、「子ども」、「高齢者」。
「会社員」にも、「ストレスチェック」という
向精神薬を飲まされる仕組みが。

まず、皆さんに気をつけていただきたいことは……。



●ミネラル実測データ⑧コンビニのおにぎり

おにぎりだけで、朝食をすませる人がいます。
残業するとき、片手でコンビニおにぎりを食べながら、
パソコンを打っているのも普通になりました。

ミネラル豊富な海苔で、おにぎりを包む商品と、
ミネラル豊富な小豆を入れた赤飯おにぎりを検査。

結果は、おにぎり2個では、主要6ミネラルが足りません。

ミネラル不足になると、
心身の調整力が低下し、うつ病になりやすく、
病気にもかかりやすくなります。

おにぎりは1000年以上の歴史があります。
500年前の戦国時代に、おにぎりは欠かせない兵糧食でした。

ミネラル不足に不足を重ねる健康に有害な食品になったのは
なぜでしょうか。

この事態を解決する方法を提案します。


●幸せになるミネラル・レシピ

「現代の食生活を正す」必要はわかっても、小食、魚は苦手という方に
ぜひ読んで参考にしていただきたいミネラル・レシピ。

家族にどう食べさせていいか悩んでいる方に、
国光美佳さんがお答えしてきた内容を、
すぐに実践できるメニューとともに、紹介します。

味覚が敏感で魚の臭いを嫌がる子どもに、
少食で、1回の食事量が少ないため、量をとるのが難しいお子さんに、
オリーブ油を食事ごとに使う方法、
ご主人が魚の風味が苦手で、『天然だし調味粉』もなかなか使えない方にも。

マグネシウムは、神経伝達物質セロトニンの生成に必要です。
マグネシウムを多く含む食材の蕎麦と蕎麦粉の調理法や
蕎麦アレルギーの方のために、
他に、マグネシウムを補給できる食材のご紹介もあります。

【CONTENTS】 向精神薬で起きた事故  危険な副作用  「子ども」「高齢者」に  「会社員」にストレスチェック義務化 ウクライナ●頭痛・足痛の子が化学肥料で激減 韓国●自殺した企業家の裏金リスト アメリカ●食品の安全規制を大幅強化 中国●「爆買い」の裏で進む反日圧力 気になる症状●その「めまい」の症状は? 危ないリニア新幹線●国交省「まだ審査中」 経済●ガラパゴスで何が悪い!? 新タイプ洗濯用洗剤●これからも絶対マグちゃん! 4月3日、2号炉で重大な放射能漏れか 活動と考え方●再稼働を認めない仮処分 現代の食生活を正す●幸せになるミネラル・レシピ ミネラル実測データ⑧   コンビニのおにぎり・赤飯おにぎり   玄米おにぎり開発を

  

月刊誌2015年5月号(313号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     32ページ



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年4月号(No.312)

月刊誌表紙 ●放射線の次世代への影響が心配
甲状腺ガンの子が、4年で117人出たことに、
福島県立医科大学の専門家は当初、
早く出たから放射線が原因ではないという理由で、
増加を否定しました。
これに対し、野村大成・大阪大学名誉教授は、
「逆ではないですか。早く出たから、
放射線被曝との関係に注意しないといけないのです。
放射線は、ヒトにもマウスにも、ガン発生を高めるだけでなく、早めるものです」と指摘。

放射線による次世代マウスへの発ガンと奇形発生で、
ずば抜けた研究業績を挙げた野村大成先生は、
73歳の今も現役で、
国際的な研究を続けておられます。
放射線遺伝学史の頂点を極めた基礎研究者に、
現在のフクシマの問題点を伺いました。



●甲状腺ガン増加にどう対処する

「小児甲状腺ガンは2011年まで、小児科の日常診療ではあり得ない病気」と指摘するのは、
仙台の小児科医院長・寺澤政彦医師。

青森県では、六ヶ所村再処理工場の本格稼働に備えて県民の不安に応えるため、
小児ガンの症例を2000年から登録・収集し、2015年現在も継続中。
世界でもあまり例のない調査による15年間のデータで、
小児ガン430例が集計されています。
なのに、小児甲状腺ガンは0人。

「甲状腺ガンは本来、子どもは非常に少なく、大人にできるガンでした。
だから、これから、大人の甲状腺ガンも増加します」と警告。

「リスクのある人は機会をつくって、こまめに甲状腺検診を受けることが大切。
子どもが異常を指摘されたら、1年とか2年では間隔が空き過ぎ」
個人でできる対策も1ページ分紹介します。


●チェルノブイリ原発事故が起きた

ウクライナ・低線量・極低線量地域での調査

食品の国際基準の1000分の1、日本の基準の100分の1ほどの、
極微量のセシウム137で、「痛み」が出ることを立証した調査。

放射能汚染地域の健康被害を食事で回復させ、
「日本プロジェクト」と呼ばれ、ウクライナに希望を広げた成果を
どう進めたのかを、総まとめして報告します。

【CONTENTS】 放射線の次世代への影響が心配<野村大成> 甲状腺ガン増加にどう対処する<寺澤政彦> ヨウ素ベータ線による内部被曝<槌田 敦> ウクライナ・低線量・極低線量地域での調査   健康被害、食事で回復させた!<小若順一>   胃の激痛から解放された<サーシャ>   ウクライナに広がる希望<タチアナ>   3人の研究チームで科学論文を<小若> 今からでも被曝を避ける努力を<蔵田計成> 「トモダチ作戦」で米兵多数が被曝<猪瀬 聖> 放射能汚染から子孫を守ろう<吉田幸弘> 「1ベクレル連合」の結成を呼び掛けます 中国●原発400基へ突き進む<一ツ橋史郎> 経済●再エネと原発の「何か変」<西 和久> 次の原発事故に備えよう<小若> 活動と考え方(112) 病気の多発に備えよう<小若>

  

月刊誌2015年4月号(312号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     48ページ(フルカラー)



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年3月号(No.311)

月刊誌表紙 ●「1ベクレル連合」をつくろう
有機農業は、
化学肥料や農薬のない農業と決めているわけでなく、
安全を第一にして、生態系や人間の命を守る
ということでやってきたはず。
ところが、有機農業をやってきた人たちが、
放射能のことを真剣に取り組んでいません。

1ベクレル/㎏は内部被爆から人体を守る防衛ラインです。

この数値を守る仲間と連合をつくって、
健康と未来を守ろう、
志を同じくする団体、生産者が社会運動として、
今こそ、国民を守ろうと立ち上がるべきと、
1ベクレル連合をオルターの西川榮郎代表が提案、
小若編集長と意気投合しました。

1ベクレル/㎏を食べものの基準にして、
内部被曝から守ろうと「1ベクレル連合」を呼びかけます。

賛同していただける団体と一緒に旗揚げする予定です。



●5年目からは、さまざまな病気が増加

チェルノブイリ原発事故では、
5年目から、さまざまな病気が激増しました。
日本は、食料自給率が低く、
汚染食品の摂取量が少ないので、
被害者は少ないはずです。

ところが、原子力ムラが企画し、民主と自公政権が、
「食べて応援しよう」を実施してきました。

今年の3月11日で、事故から5年目に入るので、
政府を信用した人から犠牲が出始めます。


●ミネラル実測データ⑦ランチパック

ヤマザキ「ランチパック」人気ベスト3の主要ミネラルを検査。
2個入り1袋だけでは、全ミネラルが大幅に不足していました。
缶コーヒーを付けても、
カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛が、 「半数が健康障害を生じる食事摂取基準」の半分以下でした。
食品添加物、農薬、放射能を避け、
ミネラルとレシチンをとれるように、パンと付き合う方法を工夫する
健康に良いパンの選び方もご紹介しました。

【CONTENTS】 5年目からは、さまざまな病気が増加 落ち葉から放射能 2巡目で8人の子に「甲状腺ガン」 ヨウ素汚染に取り残された住民 食品に関するリスクコミュニケーション(いわき市) 子どもを守る映画『小さき声のカノン』 タチアナ講演会:埼玉・郡山・東京 <オルター 西川榮郎代表 & 小若順一編集長> 「1ベクレル連合」をつくろう 韓国●年末調整で危うい朴政権 アメリカ●大雪で原発が緊急停止 中国●世界が注目する「反腐敗闘争」 気になる症状●増え続ける「不眠」 危ないリニア新幹線●行き場ない残土 経済●極左と極右が勢いづく 新タイプ洗濯用洗剤●お風呂がアルカリ温泉水に 活動と考え方●健康食品の大革命 現代の食生活を正す●ダウン症 ミネラル実測データ⑦ランチパック 食パン・菓子パン・調理パン●健康に良いパンの選び方

  

月刊誌2015年3月号(311号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     32ページ(内カラ―8ページ)



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年2月号(No.310)

月刊誌表紙 ●福島第一原発事故で5日後からも大量放出!
NHKスペシャル「知られざる大量放出」で、
放射能は、事故発生から4日間だけでなく、
その後に全体の75%が放出されていたと報道。
政府発表より広範囲に被曝していたのです。
放出された放射能を直後に吸った人は、
被曝量が桁違いに高くなります。

2011年7月号と8月号で報告した、「耳なしウサギ」。
ウサギが食べていた草が生えた付近の土を持ち帰って、分析に出し、
土と草の放射能比率から算出した母ウサギの内部被曝は、844mSvでした。
しかし、放射能の大量放出が3月23日まで続いていたのなら、
桁違いに被曝量が高くなる原発から放出された直後の風を
母ウサギが吸ったのが、奇形の最有力原因と考えられます。
今も元気な耳なしウサギの写真をご紹介。



●リスクがある地域の子は甲状腺ガン検査を

関東地方まで汚染した放出直後の放射性ヨウ素。
小児甲状腺ガンは、福島で「疑い」も含め、すでに112人。
この事態を、寺澤政彦先生に伺うと、

「私が医師になって30 年以上ですが、
甲状腺ガンの子は、病院勤務中の1人だけ。
小児科医をしても、一生で1人か2人診るか診ないか、
日常診療であり得ない病気。
それが『疑い』を含め、100 人以上とは、驚きです」

寺澤先生は、ご自身でも小児甲状腺ガンの検診を始められました。

「甲状腺の異常は必ず発生していると考えています。
特に空間線量の高い地域では、
何でもないときに、ちゃんと受けておいてください」

子どもの健康を守っていこうと訴えていくことが大切。
インタビュー記事を読んでいただき、周りの方々にこの問題を広めてください。


●ミネラル実測データまとめ⑥ハンバーグ、ハンバーガー

コンビニのハンバーグ
あまりに安い価格のウラに、どんな仕掛けがあるのか、
手軽に食べていると、健康に支障はないのかを明らかにしました。
最低限をクリアするには、どうすればいいのかもご紹介。

マックのハンバーガー
すべてのミネラルが足りない食品よりましなものもありますが、
ない方がいいミネラル不足食品も。
検査結果をご覧ください。

手作りフレンチレストラン「ビストロやま」の
手作りハンバーグも検査。
付け合せを加えると、3ミネラルが推定平均必要量を超えました。
これに美味しいスープと、野菜の入った前菜、2種類のパン、
デザート、コーヒーで、ほぼ完璧です。

【CONTENTS】 「耳なしウサギ」放射能風が奇形の有力原因に 370ベクレル/㎏を超えた特に危険な魚 韓国から調査団が来訪 ●放射性廃棄物を食べていい? 半減期の短いヨウ素が危険 寺澤政彦医師に聞く● リスクのある地域は子どもの甲状腺ガン検査を 韓国●住民勝訴、原発地域の甲状腺ガン アメリカ●進む消費者のマック離れ 中国●すさまじい激動の時代の始まり 気になる症状●蕁麻疹はアレルギー? 危ないリニア新幹線●国交省に異議申立て 経済●転落した“デフレ御三家” 新タイプ洗濯用洗剤●洗濯槽がきれいになった 活動と考え方●東京―新大阪の料金を半額に 現代の食生活を正す●意思疎通がさらにスムーズに ミネラル実測データまとめ⑥ハンバーグ、ハンバーガー

  

月刊誌2015年2月号(310号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     32ページ(内カラ―8ページ)



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


2015年1月号(No.309)

月刊誌表紙 ●健康被害に気づこう
12月14日に行われた総選挙、
原発立地区で、再稼働反対の候補は、全員落選。
日本国民は、原発使用国に戻す選択をしました。

大量の放射能汚染が、国土と海に残るのに、
国民が影響を受けずにいられるでしょうか。
神経や筋肉への影響も、無視されたまま。

汚染地域では、放射能で「痛み」が出ます。
体の痛みをよく観察して、異常に気づき、
自分で、自分と家族の健康を守りましょう。

安全基金は、チェルノブイリと福島、
『子どもの痛みをなくす調査プロジェクト』を行っています。
ウクライナで実施するタチアナ・アンドロシェンコ女史に
来日してもらい、来年2月28日(埼玉)、3月1日(郡山)で
原発事故以降29 年間の実情を、とことん聞く講演会、懇親会を企画しています。
ぜひ、ご参加ください。

講演会ご案内


●キレイな食事にご用心

ミネラル実測データ総まとめ⑤は、
おせち、パーティ料理、そば、スープです。

市販のおせちは、手作りに比べて、美しく見えます。
食材からミネラルを抜いているから、鮮やかなのです。
安いおせちは、水煮食材に、
人工的な調味料で味をつけただけ。
ミネラルの多い豆も、水煮→冷凍→洗浄で、成分が抜けています。
これを食べると、正月からイライラして、ろくな年になりません。

基準を下回ると健康障害が生じるのが、食事摂取基準の「推奨量」。
国民の8割近くが、1ヵ月の平均摂取量が推奨量を下回り、
しかも、複数のミネラルが足りません。

食事でミネラル不足を解消して、 その人本来の健康を取り戻すことが大切。 どのように補えばいいのか、 その提案もぜひ参考にしてください。


●活動期に入った日本の地殻

阿蘇山が噴火、霧島、桜島も予断できない状況です。
小笠原・西ノ島では吹き出す溶岩で島が急速に拡大し、
関東近辺で相変わらず多発する地震。
私たちの暮らしを守るために、知っておくこととは?

地震と地質の専門家・塩坂邦雄博士に伺いました。

次に起きるのは、関東地方の地震。
塩坂博士がおこなっている観測でその時期がわかると言います。
その次は、西日本。
「首都圏に続いて、関西でも大地震に襲われるので、
日本が非常に厳しい状態に追い込まれることになります。
その後は、富士川断層以西の中央構造線が動くでしょう」

北海道の泊原発も、活火山、地震と無縁ではありません。
こんな日本で、原発を動かし、
再び原発事故が起きたら、それこそ「日本沈没」です。



【CONTENTS】 病の8割はミネラル不足食が原因 ウクライナから「机と椅子をありがとう」 編集長対談:青木泰 氏   隠された放射能汚染●焼却場の煙が危ない 地震と地質の専門家・塩坂邦雄博士に聞く   活動期に入った日本の地殻 アメリカ●危険はらむダイエット 中国●それでも共産党王朝は衰退する 気になる症状●鼻づまり 危ないリニア新幹線●基準値を超えるヒ素 経済●原油安ボーナスの使い道 新タイプ洗濯用洗剤●臭いが減った!! 活動と考え方●駅栄えて、街すたる 現代の食生活を正す●あふれる笑顔で将来に向かって ごまドレッシング●ミネラルが少ない市販品 ミネラル実測データまとめ⑤ キレイな食事にご用心  パーティ料理、そば、スープ、おせち

  

月刊誌2015年1月号(309号)
【価格】1冊1080円(税込・送料込)
     32ページ(内カラ―8ページ)



   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘


clear

>>このページのトップへ


©2016 NPO法人食品と暮らしの安全基金