月刊誌案内
最新号案内

バックナンバー

月刊誌記事検索

購読更新

合本案内 新型コロナ漢方薬で初期に治す

「食品と暮らしの安全」バックナンバー

バックナンバーは1冊税込1,100円(1 〜199号 840円、200〜298号 1,050円)です。

ご注文は、メール・お電話・FAXで受付けております。

TEL:048-851-1212 (平日10:00〜18:00 土日祝日休み)
FAX:048-851-1214

※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。

◎過去12号前までは、ホームページからご注文ができます。⇒こちらから。

月刊紙記事検索にて、記事を探すこともできるので合わせてご利用下さい。

<2021年>
2021年2月号(No.382)

月刊誌表紙 ●漢方薬なら日本を救える

欧米にならうだけの新型コロナ対策はダメ。
安全基金は「麻黄湯」を事務所に常備し、
寒気、発熱、鼻水が出たスタッフは、
すぐ、お湯に溶かして飲みます。
これまでは毎回、15分で症状が消えました。

風邪の初期に治せば、コロナ患者が減り、
医療崩壊を防げることは、明らかです。
居酒屋での飲食も、漢方薬があれば大丈夫。
漢方薬を持って、安心して外へ出ましょう。



●中国の新型コロナ対策に学べ

新型コロナウイルスの猛威で、医療崩壊の瀬戸際に立つ日本。
一方、中国は、感染者の発生を1日50人以下に抑え込んでいます。
世界各地で新型コロナの変異種が確認されていますが、
これに対しても中国は、全力で抑え込みにかかることでしょう。

中国は、習近平主席が「戦争」と宣言したように、
経済の一時的停滞を覚悟の上で、感染封じ込めを最優先し、
「早期診断」「早期発見」「早期隔離」「早期治療」の「4早」政策を掲げ、
新型コロナとの闘いに臨みました。

日本と中国では外交的な対立や立場の違いがありますが、
それらはひとまず脇に置いて、少なくとも新型コロナ対策に関しては、
中国の成功を素直に見習うべきです。



●問題だらけの自宅療

新型コロナウイルスの感染が疑われてもPCR検査もできず、
感染が明らかになっても、入院できない人が増えています。
厚生労働省は1月16日、自宅療養者は全国で1月13日時点、3万208人と発表。
この隔離中に症状が急変、重症化して亡くなる例が報告されています。

新型コロナ肺炎は、胸部X線写真では発見しにくいので、
胸部のCT検査は必須ですが、
感染が疑われても、CT検査にたどりつける人は少数です。

成人は、軽症に見えても肺炎が多く、しかも
自覚症状がない場合がほとんど。

風邪症状が出ても、一般の風邪薬や解熱鎮痛剤を飲んではいけません。
過剰な防衛反応で自分の細胞まで傷つけてしまう「サイトカインストーム」を誘発し、
重症化させる成分が含まれているからです。

症状に応じて、漢方薬や、
抗菌・抗ウイルス効果のある板藍根などの生薬エキスを服用すれば、
症状が短期間に軽快し、肺炎の進行を遅らせ、
血栓症の進行を止める、などの成果を期待できます。

漢方薬で、風邪の初期症状のうちに大半の人を治してしまえば、
治療を必要とする人が、きちんとした治療を受けられるようになり、
重症者・死亡者を減らせます。



●増補改訂版『心身を害するミネラル不足食品』を発行

2017年2月に、半数を超える日本人がミネラル不足で心身を悪くしていることを
実証した『心身を害するミネラル不足食品』を発行。
その後、新たに66市販食品の検査結果を追加して、今回、増補改訂版を発行しました

国民がどれくらい栄養素を摂取しているか、把握できるように、
各国とも食材や食品ごとに標準値を設けています。
ところが、市販食品のミネラルを実測してみると、
日本の標準値は、実測値と乖離していることが判明。
その結果、病気にかかるほどのミネラル不足が見逃されて、
病気が増える大原因を、その病気の専門家が知らないでいます。

全部で181もの人気市販食品を載せているので、
食事の見直しに役立ちます。
発達障害や糖尿病、高血圧、肥満の人や、心身が不調の人は、
ミネラル豊富な食事にすれば、2週間単位で症状が改善します。



【CONTENTS】 新型コロナ感染症●中国の対策に学べ 教えて!寺澤先生●新型コロナ、問題だらけの自宅療養 風邪を治す漢方薬、楽しく学んだ講談会 Q&A●なぜ歯の矯正が必要? アメリカ●若者の肥満、国防の危機 経済●ムチャクチャすごい!日本の森林 ウクライナ●世界初「 キノコを安全にするプロジェクト」      ●新型コロナから回復した2人の責任者 マグちゃん●洗浄力をアップするには 増補改訂『心身を害するミネラル不足食品』


382号
【価格】1冊1,100円(税込・送料込)
    B5版 フルカラー 16ページ
増補改訂『心身を害するミネラル不足食品』付き


   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘

2021年1月号(No.381)

月刊誌表紙 ●職員食堂の定食を実測しよう

発達障害児は子どもの2割を超えました。
急増している原因はミネラル不足です。
子どもを救う活動を始めましょう。

手始めは、市や県の職員食堂の定食を検査です。
注文して、写真を撮り、持ち帰って重量を計ります。
1日だけでは偏りが出るので、3日分を用意。
その3日分を混ぜ、
カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・カリの実測を
食品衛生協会に依頼します。費用は5万円ほど。
結果は食事摂取基準違反のはず。
その結果を役所に見せて、
学校給食のミネラルを増すよう、交渉しましょう。

※検査に出す方法がわからない方は、ご連絡ください。



●2021年の日本を展望する

元週刊エコノミスト編集長、元毎日新聞論説委員の
今井 伸 氏に寄稿していただいた2021年の展望。
キーワードは
「コロナ」「地震」「トランプ」でした。

新型コロナは今まさに直面している危機、
現時点での一番の心配は、医療崩壊が起きること。
GoToキャンペーンを続けた政府は
「不景気になると自殺が増える」と言いますが、
不景気になっても自殺しないで済むような政策を打ち出すのが政府の仕事と、
今井さんは指摘します。

地震は迫っている危機。

トランプ米大統領が残した災厄の種は
今後、世界を不安定化させる可能性があります。

トランプ氏の集会に自動小銃を持った男たちがたくさん参加。
日本のネット空間でも、大手マスコミを攻撃する書き込みが増えています。
「反知性主義」と呼ばれるこの風潮が、
トランプ大統領の4年間で勢いを増しました。

裁判闘争すると言って177億円集めたトランプ氏。
この資金を使って何をするのか注意が必要です。



●嗅覚喪失がうつ・自殺の原因に

うつと嗅覚の障害に関係があることは、明らかになっています。

風邪の後、嗅覚障害と診断される人がいますが、
この嗅覚障害、新型コロナウイルス感染症で頻繁に起こります。

鼻づまりや鼻汁がないうちから嗅覚障害が出た例もあります。
においを感じなくなったら、すぐ風邪の引き始めに効く漢方薬を飲み、
それから新型コロナウイルスのPCR検査を受けましょう。
PCR検査が陰性なら、脳神経の変化・衰えを疑う必要もあります。

嗅覚障害は結果としてうつ・自殺に至る可能性があるので、
嗅覚障害を治せば、自殺の予防にもなります。
神経再生機能を促進させる漢方薬があり、
嗅神経の回復は可能です。



●脱炭素でも温暖化
     ――環境政策の間違いをコロナ禍が実証


世界中の工場が操業を短縮しているのに、
大気中のCO2は増加し、温暖化は持続し、
脱炭素では温暖化を防げないと事実が示しました。

都市の排熱や、原発の温排水が、その地域の気象に影響を与えていますが、
地球温暖化は地球自身が起こしているので、
人為で止めることはできません。

「CO2温暖化説は間違っている」ことが実証されたので、
環境政策は、環境負荷を小さくする政策に変える必要があります。


⇒レポート 「CO2地球温暖化説」は間違い(2009年9月1日発行 No.245)



●ミネラル実測

市販ベビーフードは、マグネシウム・鉄・亜鉛不足で
離乳後に発達障害を発症させます。

子どもに人気の食品を検査すると、
子どもカレーも、カルシウム・マグシウム・鉄・亜鉛不足。
幼児期に発達障害を発症させる最大原因は、
子どもに一番人気のレトルトカレーと判明しました。

マクドナルドと大手コンビニ3社の
フライドポテトとハッシュポテトを実測すると……。



【CONTENTS】 大飯原発・判決●すべての原発、停止か 脱炭素でも温暖化 中国●活況を取り戻した市民生活 新型コロナワクチン●安全性は確認できたか 2021年の日本を展望する  注視すべき、新型コロナ、地震、トランプ アメリカ●「産消提携」CSAが注目 教えて!寺澤先生●嗅覚喪失がうつ・自殺の原因に 栄養に富んだ韓国の伝統食 『日本プロジェクト』●新型コロナに感染した関係者 ミネラル実測●子どもに人気の食品/離乳食


381号
【価格】1冊1,100円(税込・送料込)
    B5版 フルカラー 24ページ


   ┌────────────────────────────┐
   │ ご注文は・・・
   |
   |※お名前・ご住所・連絡先電話番号・ご希望号数・冊数をお知らせください。
   |※お電話・FAXでも受け付けております。
   |TEL:048-851-1212(平日10〜18時) FAX:048-851-1214
   └────────────────────────────┘

clear

>>このページのトップへ


©2021 NPO法人食品と暮らしの安全基金