月刊誌案内
最新号案内

バックナンバー

月刊誌記事検索

購読更新

合本案内 子どものいのちを守りたい 放射能と遺伝のお話

「食品と暮らしの安全」最新号

2016年9月号(No.329)

最新月刊誌表紙

●大地震に備えよう

茨城県で震度4〜5弱の地震が5月、6月、7月と、
立て続けに起き、
7月19日には千葉県北東部でも震度4の地震。

一連の地震、地殻変動から、
関東で地震が起きるのはまだ先と言っていた
塩坂邦雄博士は、これからは、関東のあちこちで地震が起きていくと、警告しました。

塩坂博士は、東海地震を予知するため
富士川断層の挙動をレーザーシステムで監視している
地質、地震の専門家です。

地震に備える対策、あなたはできていますか?

防災する方法、避難グッズ
命を守るため、どうような対策が必要か、
安くて適切な商品を選ぶ知恵を、特集しました。


●『日本プロジェクト』 大統領が安倍首相に謝意

『日本プロジェクト』とは、食品と暮らしの安全基金がウクライナで実施中の
「放射能汚染による健康被害」を、治して調査するプロジェクトのこと。

ウクライナ「ヴィスニック新聞」のヴァレンティーナ・バトラック記者は、
海外のプロジェクトでは前例のない調査方法を取材。
『日本プロジェクト』という本を出版したばかりです。
バトラック記者と、ウクライナの放射能汚染研究の第一人者、ニコライ・ラーザレフ博士を
日本に招き、東京4ヵ所と大阪で、講演してもらいました。

バトラック記者から見たプロジェクトは
「日本プロジェクトの結果、1,300人ぐらいのウクライナ人の健康をよくしたと
安全基金代表の小若さんは言っています。
しかし、私が取材した限りでは、プロジェクトに参加した子どもの親や
祖父母の健康も良くなっているので、その約3倍の4,000人ぐらいの健康が
プロジェクトのお蔭で良くなったのではないかと見ています」

「ポロシェンコ大統領も、安倍首相がウクライナを訪問したときに、 日本プロジェクトに言及し、日本国民に謝意を表しました」。

ラーザレフ博士は
「食品を支援してもらっていた子どもの1人は、
前は年間60日、病気などで学校を休んでいましたが、
新学期の9月からこの半年では10日だけで済んだと言います。
このような情報はすぐ住民の間に伝わり、
みんな日本の皆さんに感謝しています。
村長や地区長も、よろしく伝えてくださいと感謝を述べています」

「小若さんが提案したきれいな食品を食べれば、
いい結果になるというアイディアは素晴らしい。
私は両手を挙げて賛成します。もし4本の手があれば、4本挙げるでしょう。
いろいろ調べて支援する態度は尊敬すべきことで、
私は喜んで科学面の担当を引き受けているわけです」と。


埼玉講演は、ネットにアップしています。 https://youtu.be/fk3gIUlqlWQ(YouTube)


●下痢に痛みがあったら

今月の「気になる症状」は腹痛。
下痢、腹痛、吐き気、発熱、こんな症状があったら注意を。

夏は食中毒が増えますが、まれに命にかかわることもあります。
感染性胃腸炎と診断されたとして、もし違っていたら、大ごとになるかもしれません。

ベロ毒素をもつ腸管出血性大腸菌なら、腎不全になり死亡することもあります。

鶏肉の表面などから頻繁に見つかるカンピロバクター。
日本では、1年間に2,000人前後のギランバレー症候群患者が発生。
その3割前後に、カンピロバクターが関与しているのではないかとも。

食中毒の原因菌としては代表的なサルモネラ菌の場合、
下痢は1 日数回から十数回。
3〜4 日、ときには1 週間以上に及ぶこともあって、
子ども、高齢者などで、重症化しやすい傾向に。

「熱と腹痛があるときには、薬を飲み始める前の
最初の診察時に検査を依頼するように」と、寺澤政彦医師は助言します。


●ミネラル実測データ(24)食パン、総菜パン、菓子パン

一人当たりの消費額はコメを抜いて、パンは今や日本人の主食。
子どもやサラリーマン、高齢者も食事に食べる人が増え、
一回の食事を総菜パンや菓子パンだけですませる人が多くなっています。

だから、パンの栄養には注意を払わなければなりません。

総菜パンは、野菜、肉、魚と、いろいろな具が入っている商品があるので、
「バランスよく栄養がとれる」と思いがち。
でも、本当に栄養は含まれているのでしょうか?

コンビニ、スーパーで売られている総菜パン、菓子パン、食パンの
主要ミネラルを実測すると、健康を損ねるほど少ないことが判明しました。
詳しくは、本誌でどうぞ。

【CONTENTS】 大地震に備えよう  関東各地でも地震  地震に備える個人対策 韓国●地震が多発 ウクライナ「日本プロジェクト」来日講演  バトラック記者「大統領が安倍首相に謝意」  ラーザレフ博士「行政機関も住民も感謝」 相模原事件●精神医療の問題を晒した 気になる症状●下痢に痛みがあったら 中国●「暴走の裏」を見誤るな アメリカ●オーガニック狂想曲 経済●ヤフーの“らしからぬ"終わり方 新タイプ洗濯用洗剤●洗濯槽をきれいに ラーザレフ博士・バトラック記者―関西に 活動と考え方●放射能汚染地域の医療を変える ミネラル実測データ(24)食パン、総菜パン、菓子パン


《2016年9月号 No329 単冊ご購入》

32ページ
B5版・フルカラー

価格:1,080円(税込・送料サービス)
※定期購読者の方は、930円


※多部割引、定期購読の方の割引(月刊誌単冊注文等)は、ご注文後に割引をさせていただきます。追って金額修正のメールがいきます。
お問合せはこちら



バックナンバー

>>このページのトップへ




『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2016 NPO法人食品と暮らしの安全基金