月刊誌案内
最新号案内

バックナンバー

月刊誌記事検索

購読更新

合本案内 子どものいのちを守りたい 放射能と遺伝のお話

「食品と暮らしの安全」最新号

2017年8月号(No.340)

最新月刊誌表紙
 

●理想的な核兵器禁止条約が成立

7月7日、核兵器禁止条約が国連で採択。
核兵器の使用、開発、実験、製造、取得、
保有、貯蔵、移転、脅しが禁止されました。

日本は「核兵器廃絶条約決議案」で、
各国指導者に被爆地の訪問を呼び掛けながら、
核兵器禁止条約には、議論にも不参加。
だから、理想的な条約ができたのです。


●子どもを発達障害にさせない

言葉遅れ(発達障害)の幼児を数千人、治した名医
片岡直樹医師にインタビューしました。

発達障害児が増えているのは、
現在、全国で行われている乳幼児1歳半健診で
「発達障害」と診断される言葉遅れの子に、
間違った対応をしているからだと、指摘。

その間違った対応とは?

言葉遅れでも、
通常に育つように「育て直し」できると、
片岡先生は力説されます。

こちらの映像もご参考にしてください。
http://tabemono.info/report/report_18.html


●アメリカ、「パリ協定」脱退で、脱原発?

地球温暖化を防ぐ「パリ協定」の脱退を表明したトランプ大統領。
協定脱退で、脱原発の流れが加速するかもしれません。

脱原発の流れを象徴するのが、
2019年9月末をもってのスリーマイル島原発の閉鎖。

アメリカに限らず、脱原発は世界の流れ。
そうしたなか、経済合理性を無視し、
原発再稼働を推し進める日本政府の姿勢は、奇異に映ります。


●実測データ(34)海老ドリア・グラタン

コンビニなどの海老ドリアとグラタンを検査すると、
カルシウムが推奨量を超えていました。
牛乳アレルギーでもないのに、牛乳を飲まない人が、
コンビニに行くときは、海老ドリアかグラタンがお勧め。

ただし、鉄は極端に少なく、
マグネシウム、カリウムも少ないので
健康を損ねる食事になります。

健康を損ねないためにもう一品加えましょう。
その食品とは……。


●別冊:治す名医のアドバイス①皮膚トラブル

原因除去で治す名医の冊子を作りました。

あの記事は何号ですか?
そんなお問合せの多いのが、寺澤政彦医師の連載記事。
そこで、「気になる症状」をメインに、
今まで掲載した記事を整理。
加筆していただいて、冊子を作ることに。

その第一弾が今回の「皮膚トラブル」。
今月号の付録として、ご購入の方にお送りしています。

単冊のご注文

【CONTENTS】 数千人の幼児を治した名医にインタビュー  子どもを発達障害にさせない 味覚過敏、偏食を治すミネラル補給法 実情を知らない亜鉛欠乏症の診療指針 ミネラル欠乏●35食品業界団体へ要望書 日本人が知らない世界一の親日国ミャンマー②  大切な何かを思い出させてくれる国 教えて!寺澤先生●夏の暑さがこたえる 中国●権力に抹殺された劉暁波氏 アメリカ●アマゾンが有機に参入 経済●米で広がる「ソーダ税」 新タイプ洗濯用洗剤●寺澤先生がおススメ 活動と考え方●小さじ少々の核物質で破裂事故 ミネラル実測データ(34)海老ドリア・グラタン 別冊:治す名医のアドバイス① 皮膚トラブル 原因を探れば治る


《2017年8月号 No340 単冊ご購入》

24ページ
B5版・フルカラー
※別冊 治す名医のアドバイス①皮膚トラブル「原因を探れば治る」

価格:1,080円(税込・送料サービス)
※定期購読者の方は、930円


※多部割引、定期購読の方の割引(月刊誌単冊注文等)は、ご注文後に割引をさせていただきます。追って金額修正のメールがいきます。
お問合せはこちら



バックナンバー



>>このページのトップへ




『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2017 NPO法人食品と暮らしの安全基金