月刊誌案内
最新号案内

バックナンバー

月刊誌記事検索

購読更新

合本案内 子どものいのちを守りたい 放射能と遺伝のお話

「食品と暮らしの安全」最新号

2016年5月号(No.325)

最新月刊誌表紙

●川内・伊方原発を廃炉に!

熊本地震の当初、気象庁は
「今後1週間ほどは、余震に注意が必要」。
もし「さらに大きな地震に備えて」としていれば、
本震で多くの家が潰れたとき、
1階にいて亡くなった人を半数以下にできました。

想定外のことが起きているのに、原子力委員会は
「川内原発の運転継続問題なし」。
中央構造線の上にある伊方原発と、
川内原発を廃炉に追い込まないと、日本が潰れます。


●トップ精神科医に巨額のカネ

子どもの発達障害が増え続けているのに、
治す医師はほとんどいません。
増えるのは原因があるからで、
原因を取り除いて治すのが当たり前。
ところが、治せない医師が、
クスリを投与するだけの医療を推進し、
製薬会社から黒いおカネを得ているケースが、
初めて明るみに出ました。

東京都立小児総合医療センターの顧問を務めていた
市川宏伸医師が、在職中に製薬会社から講演や原稿執筆、
コンサルティングなどの報酬として受け取った約700万円を、
国の規定に反し、申告していなかったのです。

今回の精神科医と製薬業界の癒着は、
国際的な非営利組織
「市民の人権擁護の会(CCHR)日本支部」による調査。

国連も問題視する日本の児童精神科医と製薬業界の関係とは?


●ミネラル実測データ⑳新・食品成分表で見逃されるミネラル不足②

「日本食品標準成分表」最新版に記載された総菜のミネラル値と、
本誌が実測してきたミネラル値を、
前号に続き、比べてみました。

食品成分表の最小値を大きく下回るミネラルがあると、
不足していることを知らないまま、
健康は、さらに悪化します。
マーボー豆腐、カレー、スープを比較すると……。

【CONTENTS】 原発はテロ対策で高くつく 添加茶・農薬茶●本当にいいお茶を飲みたい 精神医療の闇  トップ精神科医に巨額のカネ 「認知症」に誘導される父 向精神薬の怖い副作用 アメリカ●遺伝子組み換え、自主表示へ 中国●宗教ブームの背景 リニア●ウラン鉱床にトンネル 経済●こだわりか業績か 新タイプ洗濯用洗剤●衣替えにマグちゃん 活動と考え方●「捨てればいい」ではない 台湾の薬物リハビリテーション施設見学 新・食品成分表●見逃されるミネラル不足②  マーボー豆腐、カレー、スープ ミネラル実測データ⑳フルーツグラノーラ


《2016年5月号 No325 単冊ご購入》

32ページ
B5版・フルカラー

価格:1,080円(税込・送料サービス)
※定期購読者の方は、930円


※多部割引、定期購読の方の割引(月刊誌単冊注文等)は、ご注文後に割引をさせていただきます。追って金額修正のメールがいきます。
お問合せはこちら



バックナンバー

>>このページのトップへ




『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2016 NPO法人食品と暮らしの安全基金