月刊誌案内
最新号案内

バックナンバー

合本案内

月刊誌記事検索

購読更新

新型コロナ漢方薬で初期に治す ミネラル不足食品 特製バインダー 合本案内

「食品と暮らしの安全」最新号

2021年10月号(No.390)

最新月刊誌表紙


●エネルギー政策の間違い

東日本を壊滅寸前にする大爆発事故を起こしたのに、 運転中にCO2を出さないという「脱炭素」の理屈だけで 原発を電力供給の柱に据える政策は、間違っています。
世界で出るCO2は、昨年からのコロナ禍で2年連続して大きく減っています。

地球温暖化の原因説は多数ありますが、
いま起きている事実が、CO2温暖化説は間違いであることを示しています。

むしろ、「脱炭素」「再生可能」「クリーンエネルギー」と持てはやされ、 自然に良いと思わせて推進される「自然エネルギー」が、 資源を浪費し、CO2の放出量を激増させているのです。
太陽光発電も風力発電も、稼働する前の設備に
多量のCO2が排出されています。

電気自動車になると、充電する電力を造るために、
火力発電所から大量のCO2が排出されます。
つまり、CO2の排出場所が、車から火力発電所に移るだけなのです。
CO2が地球を温暖化させているなら、電気自動車に全面転換すると、
温暖化が加速することになります。



●「赤ちゃんの純水」

ミネラルを含まない純水は、飲用に適しません。
そんな純水が赤ちゃん用として売られています。
公開質問状を送ると、
ピジョンと、赤ちゃんの健康を守るべき粉ミルクメーカーの和光堂と森永が、
ミネラルを抜いた赤ちゃん用純水の販売を今後も続けると回答してきました。 イオンも同様の内容。

赤ちゃん用粉ミルクを製造販売している明治は、純水を販売していません。
純水は飲みものではないという科学的な常識を持っているのでしょう。
ミルクの購入は和光堂や森永ではなく、
信頼度の高い明治を応援しましょう。

ミネラル不足食品の特徴は、鮮やかな色と透明感のある旨さです。
コンビニ食も、色鮮やかで旨いので明白なミネラル不足。
巣ごもりして、コンビニ食品を買う妊婦さんやお母さんが増えたので、
胎児は、臓器を作るのに必要なミネラルが不足して障害が発生しそう。
赤ちゃんは、母乳のミネラルが少ないので健全な成長が妨げられます。
コロナ禍が終わる頃には、発達障害児が激増していそうで、心配です。


●ゲノム編集食品トマト発売

9月15日に発売されたのは、 血圧の上昇を抑える働きがあるとされる物質GABA(ギャバ)を豊富に含むトマト。 トマトピューレも12月頃から販売される予定です。

ゲノム編集食品は、身を大きくしたマダイや、芽の毒を減らしたジャガイモなども商品化が進んでおり、 近い将来、市場に出回る可能性が濃厚です。

遺伝子を操作したゲノム編集食品ですが、
従来の遺伝子組み換え食品と違って表示義務はありません。 外部の遺伝子を組み入れないので、安全性に問題ないと、政府が判断したからです。 表示義務がないので、企業側が自主的に表示しない限り、
消費者には普通の食品と区別がつきません。

消費者の不安を解消しようと、有機農家や消費者団体らが協力し、
「OKシードマーク」が、このほど作成されました。
すでに全国で60以上の組織やグループが、マークを使用しています。



●新型コロナ後遺症対策を

世界中で推計数百万人が、新型コロナ回復後の不調に苦しんでいます。
日常生活に影響を及ぼす症状が多く、大きな社会問題となりつつあります。
後遺症に対する有効な治療法が見つかってない以上、
栄養療法、鍼灸、カウンセリング、漢方薬を総動員して対処が必要ですが。
その前に、新型コロナに罹らないことが重要です。

積極的な予防は、 ビタミンDや亜鉛などミネラルの十分な摂取で、免疫力を高め 風邪症状を感じたら漢方薬を用いて、こじらせないことです。

漢方薬の使い方は「風邪と区別できない初期に」を参考にしてください。
ここからダウンロードできます。

ダウンロード(PDF 517KB)


【CONTENTS】 エネルギー政策の間違い   ●「脱炭素」で原発推進   ●資源を浪費する自然エネルギー オーガニック給食マップ Q&A●「小麦粉(国内製造)」は輸入小麦? ゲノム編集トマト発売 新型コロナ●早急に後遺症対策を      ●息子夫婦が感染「漢方で助かった!」 中国●尊敬に値する日本はどこに 水俣病●映画『 MIANAMTA ―ミナマタ― 』    ●貫かれたのは加害者″救済 「永遠の化学物質」有機フッ素化合物    ●代替品も危ない!? アメリカ●発達障害疑惑の農薬を禁止 経済●アベノミクスの呪縛? マグちゃん●エコなのに楽な「マグちゃん」 ウクライナ●麻黄湯が効いた/ ミーシャ Q&A●何を売り、何を持っておく 赤ちゃんの純水、4社から回答 赤ちゃん用ミルクは明治を 巣ごもりで赤ちゃんが危ない


《2021年10月号 No390 単冊ご購入》

32ページ
B5版・フルカラー
価格:1,100円(税・送料込)
※定期購読者の方は、990円


※多部割引、定期購読の方の割引(月刊誌単冊注文等)は、ご注文後に割引をさせていただきます。追って金額修正のメールがいきます。
お問合せはこちら




バックナンバー


>>このページのトップへ




『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、
食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2021 NPO法人食品と暮らしの安全基金