月刊誌案内
最新号案内

バックナンバー

合本案内

月刊誌記事検索

購読更新

特製バインダー 合本案内 ミネラル不足食品 子どものいのちを守りたい 放射能と遺伝のお話

「食品と暮らしの安全」最新号

2020年4月号(No.372)

最新月刊誌表紙


●新型コロナウイルス―正しく恐れよう

新型コロナは感染力が強く、世界中でさらに広まりそうです。
暑い地域でも広がっているので、夏になっても終息しないでしょう。
そのうちに特効薬が見つかるので、死者は減りますが、
大多数の人が感染して抗体ができるまでは終息しそうにありません。

新型コロナウイルスが発症した武漢で死亡した人の年齢別比率を見ると、
50歳代から死亡率が高くなっていきますが、
39歳までの死亡率は0.2%。
普通のインフルエンザの死亡率は0.1%ですから、少し高めですが、
40歳代までは死亡率が低いのです。

そこで、死亡率が2%を超える65歳以上の人に、
新型コロナ感染予防の規制や自粛措置を。

イベントは、年齢制限に加え、参加中の行動を制限する個別対策が必要で、
高齢者のデイケア施設などでは、
感染が広まらない対策を入念に行う必要があります。


●危険な「ストロング酎ハイ」

炭酸飲料にビールより多くアルコールを入れた
「ストロング酎ハイ」。
これは、とんでもなく危険な飲み物です。

ペットボトル水と同等の値段で売られ、
ジュース感覚でぐいぐい飲めるので、
多量のアルコール摂取につながります。
「危険ドラッグとして規制対象とすべき」と
医師から警告が出されるほどです。

酒の安売りの規制に、
議員連盟は、酒税法改正案を出して成立させました。
今度は、多くの被害者を出している
ストロング酎ハイの酒税を引き上げる法案を一刻も早く提出し、
議員立法で、被害者を少なくすべきです。


●安全で気候変動を抑える木材の選び方

気候変動で風水害の被害が年々拡大していますが、
木造住宅が地球環境を守ることは国際的にも認知されています。

地球環境の面から注意が必要な木材とは、集成材。
歩留まりは約3割で、
丸太の体積の約7割は建築用木材として使われません。
土台などにも使われることがありますが、
集成土台が台風の水害などによって浸水すると、
接着した部材が水を含んでバラバラの方向に膨張。
変形した土台は、元に戻りません。
床下浸水で、家を建て直しすることになってしまいます。

家を建てる場合、どのように業者を選んだらいいのか、
屋外で使ってはいけない木材とは?

健康に良く、環境を守る木材の選び方を
木村司氏(木村木材工業社長)に伺いました。


●歯磨きで歯と身体を守ろう

歯周病が、ウイルス感染症にも影響を及ぼすことが研究され
全身の健康を脅かす病気であることがわかっているのに、
治療が間違った方向に進んでいると指摘するのは林量一歯科医。

「歯周病も虫歯も生活習慣病の一つ。
まず自己管理、それを助けるのが歯科治療で、
歯周病がなかなか治らないのは、
治療メニューが間違っているからです」

歯石はそのままでいい、
歯周ポケットの計測は危ない、
メニューにない治療もあるなどと
患者と歯科医の二人三脚で治す治療について、
効果が上がる歯の磨き方を伺いました。



【CONTENTS】 新型コロナウイルス  正しく恐れ合理性のある対策を  個人ができる対策は? 中国・岐路に立つ習政権 経済・もう一つの"パニック" 浮き彫りになる子どもの貧困 漢方薬の「食品」で自衛しよう 生協がシロアリ駆除にネオニコ農薬 シロアリ駆除で天然薬剤を使用する業者 アメリカ●農薬、新たな問題次々 安全で気候変動を抑える木材の選び方<木村司氏に聞く> 歯磨きで歯と身体を守ろう<林 量一歯科医に聞く>  口腔洗浄機は歯槽膿漏に良い 羽田が危険空港、世界一②少し前進 原発爆発下で奮闘した映画『 Fukushima 50』 マグちゃん●レジオネラ菌対策にも Q&A●アオサがコロナに?/卵、鶏肉は国産? 危険な「ストロング酎ハイ」


《2020年4月号 No372 単冊ご購入》

32ページ
B5版・フルカラー
価格:1,100円(税・送料込み)
※定期購読者の方は、990円


※多部割引、定期購読の方の割引(月刊誌単冊注文等)は、ご注文後に割引をさせていただきます。追って金額修正のメールがいきます。
お問合せはこちら



バックナンバー



>>このページのトップへ




『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、
食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2020 NPO法人食品と暮らしの安全基金