「食品と暮らしの安全」とは

市民が資金を集め、食品や暮らしにひそむ化学物質の安全性について自らテスト、調査を行って調べていこうと、
1984年に市民団体「日本子孫基金」としてスタートし、2004年に「食品と暮らしの安全基金」に名称を変更しました。

活動の主体を調査報道におき、月刊誌『食品と暮らしの安全』や出版物で情報を発信しています。
月刊誌では、何がダメで、どれを選べばいいのか、企業名、商品名を歯切れよく記載。
広告を取らず、購読者皆さんの購読料に支えられ、活動しています。
私たちの活動は、「食品と暮らしの安全を守り、環境の保全を図るための先進的な新しい人権擁護活動」と評価され、
2004年に東京弁護士会人権賞を授与されています。

2012年から行っているウクライナ調査により、1.1ベクレル/㎏で放射能による健康被害が出ていることを発見。
「子どもの痛みをなくす調査プロジェクト」として現在も調査を続行中。


私たちが取り組んできた主なテーマ
食品添加物 ポストハーベスト農薬 消費者を惑わす表示 国際食品規格 遺伝子操作食品 環境ホルモン ダイオキシン PCB シックハウス 防虫剤  電磁波 原発 エネルギー 空気・水・土壌汚染 抗生物質耐性菌 放射能による健康被害

食品と暮らしの安全基金のスクープ
レモンが店頭から消えた90年の「日米レモン戦争」、虫が遺伝子操作ジャガイモの葉っぱを食べて死んでいく97年の「衝撃映像」、 「カップ麺の容器は環境ホルモンなど出しません」と業界が新聞に全面広告を出した99年の「カップ麺論争」
これらは全て、食品と暮らしの安全が最初にデータや映像を出して、有害性を指摘したところからスタートしたものです。

ほ乳びん リンゴ 虫

代表者 小若 順一
安全基金の考え方
月刊誌「食品と暮らしの安全」バックナンバー
事業・会計報告

事業内容&主な活動

月刊誌発行

独自に調査した最新の情報を月刊誌で発信しています。
企業広告を入れていないからこそ書ける安全性の真実を、商品名も含め伝えています。

出版・執筆

大ヒットの『食べるな、危険!』『使うな、危険!』 をはじめ、食・環境の安全に関する本を出版しています。
また、食の真実を伝えるビデオ・DVDや生活に役立つポスターなども制作しています。

ミネラル不足による
新型栄養失調問題


現代の食事は、ミネラル不足になりやすい環境にあります。
何がダメで何を食べたらいいのかを情報発信しています。
食事の改善で「発達障害」「うつ病」「総合失調症」の改善報告。⇒詳細



福島の未来がわかる
ウクライナ調査


2012年より開始。微量放射能で健康被害による健康被害の実態を報告。

ウクライナでの成果を用いて、日本の学校給食を1ベクレル/s規制への活動中。⇒詳細



コーデックス


FAOとWHOが合同設置している、コーデックス(国際食品企画委員会)の主要会議にも1999年より参加しています。

沿革


●遺伝毒性のテストをする団体として設立
1984年 2月 設立の呼びかけ開始
  11月 『JOF1000年LOVE』No.1発行(不定期)
1985年 4月 『愛する1000年先の子供たちへ・市民構想編』発行
1987年 5月 虫よけスプレーに強い突然変異性が判明(『JOF1000年LOVE』No.10)
●ポストハーベスト農薬の調査研究へ
1988年 2月 『収穫後に使用される農薬ー ポストハーベストに関する研究』報告書発表
1989年 12月 『ポストハーベスト農薬ーアメリカ調査報告書』
1990年 8月 市販の輸入レモンからポストハーベスト農薬検出
  11月 ビデオ『ポストハーベスト農薬汚染』制作
  4月 ビデオ『米輸入は危険だ』制作
1993年 6月 『JOF1000年LOVE』をNo.45から月刊化しNo.50から『食品と暮らしの安全』に題名改訂
1995年 5月 ビデオ『ポストハーベスト農薬汚染2』制作
  12月 ポスター・家族を救うチェックリスト・を発行
1997年 11月 ビデオ『不安な遺伝子操作食品』制作
●暮らしの中の環境ホルモン追放へ
1997年 10月 赤ちゃん用品から環境ホルモンを検出
1998年 6月 環境ホルモン全国市民団体テーブル発足
  10月 コーデックスの公式オブザーバー資格を取得。その後主要会議に参加、発言
1999年   設立15周年記念として、未来の子どもを守る全国キャンペーン・講演会
  2月 カップ麺容器から環境ホルモンを検出
2000年 7月 特定非営利活動法人(NPO法人)として登記
  10月 輸入有機小麦パンからポストハーベスト農薬検出
2001年 4月 『農薬危険度一覧表』制作
  11月 スチレンが学習障害物質であることを動物実験で証明
●食品や日用品の実情を世に問う
2001年 12月 ヘアカラーに環境ホルモン作用があることを発表
2002年 2月 古い蛍光灯からPCBが揮発していることを発表
  4月 IH調理器から国際ガイドラインの16倍の電磁波が出ていると警告。
  8月 講演会「抗生物質の使用を考え直す」開催。
  9月 サランラップ、クレラップから環境ホルモンが溶出することを発表
  10月 本「食べるな、危険!」(講談社)を発行
2003年 3月 コーデックス会議をNGOとして初めてインターネット中継
  4月 本「食べたい、安全!」(講談社)を発行
2004年 1月 東京弁護士会人権賞を受賞。
名称を「食品と暮らしの安全基金」に変更
●掃除機の汚い排気を指摘 健康への被害を明らかにする
2005年 1月 ビデオ『抗生物質が効かない・命が危ない!耐性菌汚染』制作
  9月 本『使うな、危険!』『新・食べるな、危険!』(講談社)を発行
2006年 6月 『放射能で首都圏消滅』(三五館)を発行
  10月 株式会社食品と暮らしの安全を設立
※月刊誌の編集・発行、通販業務を株式会社に移行。
2007年 6月 本『リサイクルは資源のムダ使い』(講談社)を発行
2007年 8月 さいたま市に事務所を移転
2007年 8月 本『素敵な節約』(三五館)を発行
2008年 1月 毒ギョーザ事件について小若代表が各地メディアでコメント
●ミネラル不足の実態と補給による心身の改善を世に問う
2008年  9月 本『生活防衛ハンドブック』(講談社)を発行
2008年  9月 ミネラル補給による健康回復の実態調査を開始。
2009年 2月 食品と暮らしの安全基金 設立25周年 記念講演会を各地で開催
2010年  1月 本『食べなきゃ、危険!』(三五館)を発行
    『食べなきゃ危険!』全国講演
 人気食品の実測調査結果をもとに、ミネラル不足の実態を解説
2010年 12月 本『その食事でかかる新型栄養失調』(三五館)を発行
2011年 2月 通販部門が独立
※月刊誌の編集・発行をNPO法人に移行。
●福島第1原発事故への対応を開始
2011年   6月 『放射能を防ぐ知恵』(三五館)を発行
  9月 『放射能から子孫を守りたい』を緊急出版
2012年 2月 『生活防衛ハンドブック(食品編)』【文庫版】(講談社)を発行
  2月 放射能格付け図を作成
ウクライナ現地調査を開始
2012年 2月 第1回ウクライナ調査実施
  3月 絵本『子どもの命を守りたい』を出版
※放射能による遺伝的リスクを、わかりやすく絵本に。
  5月 第2回ウクライナ調査実施
  9月 第3回ウクライナ調査実施
2013年 1月 最新『食べるな、危険!』(幻冬舎)を発行
  3月 第4回ウクライナ調査実施
  11月 タチアナ氏を招いて講演会開催
※放射能被害の新事実を語っていただきました。
2014年 3月 第5回ウクライナ調査実施

所在地 

NPO法人 食品と暮らしの安全基金
〒338-0003 さいたま市中央区本町東2−14−18
Tel:048−851-1212 Fax:048−851-1214

 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2012 NPO法人食品と暮らしの安全基金