チェルノブイリと福島「放射能から子どもを救う基金」カンパのお願い

子どもの健康を良くし、国が被害者を救うようになるために



化学肥料の前で チェルノブイリ原発事故で、ひどく汚染されたナロジチ。
2016年2月にナロジチ学校5年生を対象に「牛乳プロジェクト」を開始。
1L当たり平均220ベクレルだった牛乳汚染を、11月には平均6ベクレルに。
汚染を97%減らすと、子どもたちが元気になって大歓迎してくれました。

現地(ウクライナ)で「日本プロジェクト」と呼ばれるようになった活動は、
2012年から、
 ・キノコなど汚染の高い食品を食べないようにする食事改善プロジェクト。
 ・自家畑で取れる野菜の汚染を下げる化学肥料のプロジェクト。
 ・牛乳の汚染を下げるために牛に穀物飼料を与えるプロジェクト。
の順に対策を加えてきたものです。
学校調査
現在は10学校を対象に、
その村・地区の汚染に合せた対策を取り、
子どもたちの放射能摂取量を1割以下に減らして、
村人たちから感謝と尊敬を受けるようになっています。

今後の目標は、放射能の「人体影響の最低値」未満を世界基準にすること。
科学的な立証のため、ウクライナの科学者と一緒に活動しています。
どうぞ、私たちのこの活動にご支援をお願い致します。
ナロジチ学校先生

NPO法人食品と暮らしの安全基金
代表 小若順一

⇒詳細はウクライナ調査報告書をご覧ください。


タチアナさんから感謝

   

カンパをしてくださる方は


クレジットでご寄付いただけます


1,000円、5,000円、10,000円 を1口としてお選びください。
お申込みの際に、お支払方法「クレジット」をご選択ください。


1,000円/口

5,000円/口

10,000円/口




お振込みの場合は下記までお願いします


<振込先>
ゆうちょ銀行振替口座

口座記号番号 00160−3−512738
口座名 特定非営利活動法人食品と暮らしの安全基金


※他行等からの振込をご利用される場合は、下記振込先をご指定ください。
店番 〇一九(019)店  当座 0512738
口座名 トクヒ)ショクヒントクラシノアンゼンキキン


⇒ゆうちょダイレクトお申込みの方は、こちらからお振込いただけます。


※年間購読料や書籍代等のお振込にはご利用いただけません。



   《お問合せ》
     食品と暮らしの安全基金 事務局
     TEL:048-851-1212
     Mail:
     
     

>>このページのトップへ

    
 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2012-2017 NPO法人食品と暮らしの安全基金