出版物一覧
書籍

ビデオ・DVD

ポスター

冊子
紹介書籍
新着情報

ウクライナ調査報告セット 生活防衛ハンドブック(食品編) 書籍「ポストハーベスト農薬」セット

放射能被害に希望
第5回ウクライナ調査報告  


 2014年3月中旬に行ったウクライナ調査報告です。

 「生きるか、死ぬか、それを問題にする」のが、放射線の研究者です。
頭痛がすると生活に支障が出ますが、その程度の健康障害を医師は無視してきました。
ウクライナでは、信じられないほど多く健康障害が出ているのに、「放射線とは関係はない」と、
研究者から町医者まで同じように言いました。
人体影響があると言われてきた被曝量の最低値は100ミリシーベルト。
ところが、食事で0.011ミリシーベルトを加えると頭痛が出たことを、前回に少し報告しました。
その裏付となる事実が起きていたので、食品による人体影響は、
これまで知られていた被曝量の1万分の1レベルに最低値が更新された、というのが今回の報告です。

※第5回調査報告書「はじめに」より

第5回ウクライナ調査報告

pdf 全ページ公開しました。
(ダウンロード pdf3.09MB)

●第1部
 日本の民間療法で「奇跡のよう」
●第2部
 日本人を救う日本の土 ニコライ・ラーザレフ博士講演録
●第3部
 食品の放射能基準を崩壊させる事実
●第4部
 放射線ガン死評価論の終焉


《新事実を広めて応援をお願いします》
1冊700円(送料200円・商品合計5,000円以上で送料無料)
32ページ(全カラー)
※多部割引あります。
50冊・・・ 500円/冊



※割引などの金額修正がある場合は、追ってメールでご連絡いたします。
自動返信は、割引前の金額となっています。

報告書に関するお問合せ


表紙の男児「ワジム君」の治療動画(YouTube)



第1回〜第4回までウクライナ調査報告無料公開
『ウクライナ調査報告』


チェリノブイリの子どもと福島の未来の子どもを救うカンパのお願い
カンパをしてくださる方は


放射能対策について講師派遣も行っております。
講演会のご案内


書籍 | ビデオ・DVD | ポスター | 冊子 | 紹介書籍
 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2012 NPO法人食品と暮らしの安全基金