出版物一覧
書籍

ビデオ・DVD

ポスター

冊子
紹介書籍
新着情報

書籍「ポストハーベスト農薬」セット

チェルノブイリ被害調査でわかった
「危ない! 食品基準」

冊子表紙


2012年から始まったウクライナでの
放射能汚染と健康の調査をまとめた冊子を
発行しました。

チェルノブイリ原発事故の放射能で汚染された食品を食べている ウクライナの子どもたちは、ほとんど健康被害を起こしていました。
汚染された食品を測ると、1.1ベクレル/㎏で
多数の子に頭痛が。
日本の一般食品の基準は、
100ベクレル/㎏です。

日本の食品基準を1ベクレル/㎏に
改めさせることが、
私たちと子どもたちの健康を守り、被災地の
農業、漁業を本当に守ることになります。


冊子中身 1章 1.1ベクレル/㎏食で頭痛
 ─原発から200㎞離れた村で─
2章 「痛み」を調査
 ─関東と同レベルの汚染地域
         オブルチ3学校─
3章 最悪の被害地を健康に
 ─福島市〜郡山市と同レベルの汚染地
           ナロジチ─
4章 安全になった日本の食品
 ─安心な1ベクレル/㎏規制に─


A5版
32ページ(カラー)
300円(税込)
※送料100円 5冊以上で送料無料
※海外への送付の場合は、送料実費となります。
※この冊子は月刊「食品と暮らしの安全」2018/4月号に付録としてつきます。



※5冊以上送料サービス・多部割引は、ご注文後に割引をさせていただきます。追って金額修正のメールがいきます。

商品のお問合せ




蜂蜜プレゼント


多部割引

ウクライナ調査の概要
『ウクライナ調査』


書籍 | ビデオ・DVD | ポスター | 冊子 | 紹介書籍
 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2018 NPO法人食品と暮らしの安全基金