代表小若順一が「安全基金の活動と考え方」を月刊誌『食品と暮らしの安全』に連載中!
ホームページでも順々にアップしていきます。お楽しみに!
    >>最新   >>バックナンバー
clear
日本人の遺伝的劣化を防ぐ 安全基金の活動と考え方(100)

食品と暮らしの安全基金代表 小若順一


 市民から基金を募って化学物質の遺伝毒性を調べ、子孫を守ろう、と呼びかけを開始したのが30年前の1984年2月20日。 本誌は今月号で300号を迎えました。
設立時に「日本子孫基金」と名乗ったように、子孫を守るのが安全基金の原点です。

 1970年代は、化学物質が子孫に伝わる遺伝子を傷つけるかどうかを、培養細胞やバクテリアを用いて見つけようとするスクリーニングテストが開発された時代でした。 この手法の限界が明らかになって、もう少し複雑な第2次スクリーニングテストの開発が盛んだったのが1980年ごろです。 ところが1985年ごろには、スクリーニングテストで十分となり、化学物質の遺伝毒性への懸念は忘れられていきました。 スクリーニングテストでわかった遺伝子を傷つける物質を、人体に入らないように規制しておけば、生殖細胞はそれで守られる、というわけです。 子孫への危険性を、本当に排除できていることは実証できませんが、かなり有効な規制であることは明らかです。
 これと対極にあるのが、放射線です。
放射線は、生殖細胞と、その他の体細胞を区別せずに、遺伝子を傷つけます。 体細胞は、遺伝子が傷ついて細胞分裂するときに死んでも、隣の細胞が分裂して置き換わります。だから、何もなかったように身体は組織を維持しています。 それで、身体への影響は一定以上の線量がないと明らかにならないため、影響がない「閾値」があるとされています。 体細胞は、低レベルの被曝なら修復機構が有効に働くので、時間の間隔をあけて少しずつ被曝すると、影響は少なくなります。 一方、子孫に伝わる生殖細胞の遺伝子に小さな傷がつくと、そのまま伝わって、遺伝的な悪影響が子孫に及びます。 傷が大きいと流産や死産になり、子孫には伝わりません。
 生殖細胞の遺伝子は、分子が1つ傷つくだけで、生まれた子の全細胞の遺伝子が傷ついています。だから、修復することはできず、閾値もありません。 放射線はどんなに微量でも、量に応じて子孫に悪影響を加えるのです。
 悪影響がすぐ見えるのが奇形。時間がたってわかるのが遺伝病。小さな影響は何世代もたたないとわかりません。 この遺伝毒性が、原発事故後、まったく無視されています。

 遺伝では、ある集団の遺伝子全体のことを、「遺伝子プール」と言い、遺伝子プールの遺伝子は、受ける放射線の総量に比例して劣化します。
原発事故で大量の放射能がばらまかれたので、日本人の遺伝子プール(=遺伝子)が劣化したことは間違いありません。

 今でも「食べて応援しよう」と劣化させ続けているのは、子孫に対する犯罪です。
ウクライナで、食品汚染による被曝を減らし、健康を回復させている活動は、ウクライナ人の遺伝子を守ることに直結しています。 これと同じ活動を日本で広めれば、日本人の遺伝子を守ることになります。


2014年4月1日発行 No.300より

ウクライナ調査報告

安全基金の活動と考え方(101)「利権で動く調査捕鯨」

>>月刊誌バックナンバーへ
 
>>組織案内へ
 
トップへ 先頭へ
 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2012 NPO法人食品と暮らしの安全基金