トップへ 他のレポ−ト

「洗たくマグちゃん」報道について



「洗濯マグちゃんに効果なし」とマスコミが報道しています。

これは4月27日、宮本製作所に、商品の表示を改善するよう措置命令を出したと、
消費者庁が記者会見したためです。

しかし、「洗濯マグちゃんに効果なし」の根拠は間違っているので、記事を配信した
共同通信に、訂正要求を送りました。その文書は以下のとおりです。

gif訂正要求文書(拡大して見れます)



2014年に、家庭の洗濯機でマグちゃんだけで洗濯する幾重もの実証試験をスタッフが行いました。
さらにマグちゃんだけで洗濯する30人のモニター調査を行なって、
「よく落ちた」と回答した人が各衣料全体で59.5%だったので、
「安全すたいる」から発売した経緯があります。

したがって、「家庭用の洗濯機での効果が確認できなかった」は、完全に間違った報道です。

宮本製作所の表示は、書き過ぎがあって、措置命令が出たので、
表示を訂正して「マグちゃん」の販売を続けます。
環境を最も汚染しない新タイプの洗剤「マグちゃん」を、これからも応援し続けます。


ご参考までに、以前の記事をアップしました。
ご覧ください。

pdfモニター報告1(月刊「食品と暮らしの安全」2014年10月号No306掲載記事)

pdfモニター報告2(月刊「食品と暮らしの安全」2015年掲載記事)




トップへ 他のレポート 先頭へ 月刊誌検索へ関連月刊誌を検索

『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2021 NPO法人食品と暮らしの安全基金