月刊誌案内
最新号案内

バックナンバー

合本案内

月刊誌記事検索

購読更新

新型コロナ漢方薬で初期に治す ミネラル不足食品 特製バインダー 合本案内

「食品と暮らしの安全」最新号

2023年2月号(No.406)

最新月刊誌表紙


小学生の発達障害は12%台に

小中学生の発達障害児は「8.8%」と、
10年に一度の調査結果を文部科学省が公表。
小学生の平均は10.5%ですが、
低学年は11%を超えており、
1年生は12.0%、2年生は12.4%です。
ついに12%台の時代に入りました。
発達障害の増加原因を取り除いて、
困っている子を一刻も早く救い出しましょう。



ミネラル実測●ポテトチップス、カキフライ弁当

亜鉛を摂るならカキと言われるので、カキフライ弁当を検査すると、
食品成分表の半分以下しか、亜鉛が含まれていませんでした。

食品成分表では、カキフライ100gに亜鉛が12.0rなので、昔は
4〜5個で全年代の推奨量を満たし、数日の不足を補えたのですが、
今のカキフライ弁当は、1日の不足を補える程度になっていました。
どうしてカキに含まれる亜鉛が半分以下に減ったのでしょう。
その原因と影響を考えると……。


放射能汚染土の再利用●子孫を遺伝病にする

原発事故で発生した放射能の汚染土を再利用する計画を
被害者救済の美名のもとで、環境省が進めています。

放射能汚染の、最大の危険性は、子孫に遺伝病が増えること。
生殖細胞の遺伝子に傷がつき、その生殖細胞が受精すると、
産まれた子どもには、全細胞の遺伝子に傷がついています。
こうして病気になると治せません。放射能汚染の拡散は、
子孫に対する大犯罪です。


EUからネオニコが消えた

子どもや胎児の健全な成長を阻害するネオニコチノイド系農薬。
主要なネオニコ系農薬は全部で次の7種類。
クロチアニジン、チアメトキサム、イミダクロプリド、チアクロプリド、アセタミプリド、ジノテフラン、ニテンピラム
日本ではこのすべてが農薬登録され、使用されています。

ところが、欧州連合(EU)の域内からほぼ姿を消したことがわかりました。
日本の主要メディアはどこも、このことを報道していません。
また、"隠れネオニコ"のスルホキサフロルについても、
EUは2018年に屋外での使用禁止を発表しています。

昨年9月、ECは、クロチアニジンとチアメトキサムの最大残留基準値(MRL)を
大幅に引き下げで、EU加盟各国が合意。

農林水産省は12月27日、EUのクロチアニジンとチアメトキサムの
基準値引き下げに関する詳細な情報をホームページに掲載しました。
輸出企業に迅速な対応を促すためで、国民に知らせるためではありませんが、
日本のネオニコ規制の緩さが一目でわかります。
茶葉に適用されるクロチアニジンは、
日本の基準値は50ppm。なんとEUの1000倍も緩いのです


【CONTENTS】 発達障害児の増加で日本衰亡 主原因はミネラル不足 EUからネオニコ農薬が消えた 岸田政権●原発政策の愚かな大転換 放射能汚染土の再利用●子孫を遺伝病にする 低周波音●下水道からも発生 ウクライナ●15地方新聞の再開に貢献 ウクライナ現地情報J勝利を信じて暮らす 教えて!寺澤先生●女性はもっと魚を食べよう? アメリカ●耐性菌まみれの牛肉? 中国●富裕層の憂鬱 経済●金利のある世界 質問●ネオニコ農薬、特に危険なのは? ミネラル実測●ポテトチップス/カキフライ弁当


《2023年2月号 No406 単冊ご購入》

32ページ
B5版・フルカラー
価格:1,100円(税・送料込)
※定期購読者の方は、990円


※多部割引、定期購読の方の割引(月刊誌単冊注文等)は、ご注文後に割引をさせていただきます。追って金額修正のメールがいきます。
お問合せはこちら




バックナンバー


>>このページのトップへ




『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、
食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2023 NPO法人食品と暮らしの安全基金