トップへ 他のレポ−ト ネオニコチノイド系農薬・殺虫剤
 >>発ガン性は2種類(2018/12月号No356)
>>日本茶が危ない!(2018/11月号No355)
>>「減農薬」に多量残留(2018/10月号No354)
>>懸念される環境、人への影響(2018/5月号No349)
>>汚染進む日本列島(2016/10月号No342)

「ネオニコ農薬を使わないで」と質問&要請メール
   JA全農に「数兆円を失う」


コメに使用しているネオニコチノイド系農薬について、
都道府県のJAに2月21日から問い合わせメールを。
JA全農には使用中止要請を兼ねた質問メールを出しました。

 各県JAへの質問は、次の3項目です。
@危険性についての見解。
Aコメにネオニコ農薬を使用していない農家の戸数と割合。
Bコメへの使用中止の検討を。

 まずJA東京中央会から回答が届き、それから一括してJA全農本部の広報部から回答が届きました。

 その内容は、
@国が定めた法に則って農薬の販売・使用指導を行っている。
A農家の戸数は把握していない。
Bは、回答なし。

 適法ではあるので、経済面の解説をして、再度、下記の質問メールを送りました。
 JAには、安全性を経済性に置き換えて判断し、コメにネオニコ農薬を使用しない決定をしてもらいたいと願っています。


再度送付した質問メール全文




月刊誌『食品と暮らしの安全』2019年4月1日発行 No.360 掲載記事



拡散希望!

記事を沢山の方に読んでもらってください。

日本の農産物からネオニコチノイド農薬の危険を取り除くため、闘いを始めましょう。

・記事をシェア
『ネオニコチノイド系農薬・殺虫剤』関連記事一覧

・印刷して配布

月刊「食品と暮らしの安全」
2018/11月号 No355  1〜3ページ
2018/12月号 No356  7〜9ページ
の印刷を許可しております。

ぜひ、皆さんにお配りいただけるとうれしいです。
下記にPDFを用意しております。

※実態を知りたいので、印刷部数・配布先やリンク先などをお知らせいただけると助かります。

チラシは、当団体でもご用意しております。※100枚1,500円(税・送料込)
ご自分で印刷していただける方は下記よりデータをダウンロードしてお使いください。

【355号「お茶が危ない」記事ダウンロード】 >>PDF 1.15MB

>>355号「お茶が危ない」記事チラシご請求・お問合せ


【356号「国産米が危ない!」「発ガン性は2種類」記事ダウンロード】 >>PDF 338KB

>>356号「国産米が危ない」記事チラシご請求・お問合せ


関連ページ

国産米が危ない!(2018/12月号No356)
発ガン性は2種類(2018/12月号No356)
日本茶が危ない!(2018/11月号No355記事)
食品の農薬汚染・「減農薬」に多量残留(2018/10月号No354記事)
懸念される環境、人への影響(2018/5月号No349記事)
汚染進む日本列島(2017/10月号No342記事)


関連月刊誌を検索

『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただく質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2019 NPO法人食品と暮らしの安全基金