トップへ 他のレポ−ト ミネラル不足食品ばかりでは病気に罹る

特集◆自閉症でも奇跡②

>>ミネラル不足食品ばかりでは病気に罹る(症例別目次)

月刊誌『食品と暮らしの安全』2009年5月241号掲載



自閉症でも奇跡 驚きの改善②

「今のこうちゃんは、自閉症なのか?」
高機能自閉症と診断されているこうちゃんと、
春休みに2 度会い、彼のすばらしい能力への驚きと
感動が交錯する時間を過ごしました。

 「人とのかかわりが難しい、こだわりが強い、変化に適応しにくい…パニックに陥りやすい」
 これらが「自閉症」の特性の1つです。
天然液体だしで良くなったこうちゃんに会うと、
これらの概念とはかけ離れていて伸び伸びと能力を発揮する姿に、新たな感動を覚えました。


●時間配列が苦手とは思えない記録

「これも、ぼくが作ったんだよ」 こうちゃんは、たくさんの工作や絵、作文をそろえて待っていてくれました。
社会科見学の記録用紙は、こうちゃんが過去の出来事を順序立てて、鮮明に記述することができることを見事に示していました。
 以前の記録用紙とは、文字数も内容も明らかに違います。これを、授業時間内に自分の力で書き上げたのです。 「ここに、こうしてメモもしてきたんだよ」と、数値や年代のポイントをメモした場所を教えてくれます。
同時に2つのことをするのが苦手なはずなのに、「説明を聞きながら、メモもとることができたのです」と、お母さんも驚きます。

●共同作業を楽しんで

 「相手が何を考えているのか、何を求めているのかなど、相手の行動の意味を推測したり、
理解したりするのが得意ではない」と『自閉症の本』には書かれています。
 この症状を覆したのが感想文。
「○○さんもきっとよろこぶよ」と、登場しない○○さんの心情まで思いをめぐらせていました。
相手の心情を理解していることは、妹さんとのかかわり方でも、随所にみられました。
パステルの粉を使って、色の粘土をつくり、
「これは○ちゃん、使っていいよ。ここに使う粘土は○ちゃんが作ってね」と、
2人でルールを作って展開したり、作業の段取りを決めて一緒に作り上げて、楽しそうでした。

●感情をコントロールできる

 翌週に再度訪問して、今度は私も一緒にダンボール遊びをしました。
 ダンボールを使い始めると、トンネル遊びから家、パーティーごっこへと、5時間にわたって集中、
次々に遊びを展開していきます。
 理科の好きなこうちゃんならではの電球や星空も盛りこまれ、どうしたらもっと明るくできるか、
この高さに電球を止めるにはどうするか、夜空の暗さを表すのに何を使うかなど、
これらの作業をすべて自分で考え、思い描いたイメージを一つひとつ達成していく工程が随所にみられました。
 夜空を作るときには、思い通りの素材がなかなか見つかりませんでした。 それでもイライラせずに今ある素材を駆使して気持ちを立て直し、「コレを使えばいいよね」と納得して進め、 妹の意向も聞き入れながら展開していく様子も見られました。
 「感情をコントロールする力が、以前よりもついてきた」とお母さんも嬉しそうです。

●「あっ、ごめん」

 こうちゃんは何かがひらめくと、驚くほど素早く動くことがあります。
以前は、そのまま突進して、人にぶつかってしまう傾向があったそうです。
この日も、急に動いて、こうちゃんの手が、座っていた私の肩にぶつかりました。
すると、とっさに「あっ、ごめん」と声をかけてくれたのです。
 近くで見ていたおかあさんは、「今、ごめんって言いましたね。それも自然に」とびっくり。
これまでは、ぶつかっても気にせず、突き進んでしまうことが多かったそうです。
それが、この日は私をよけて、それでも少し手がぶつかると、動きながら声をかけることができたのです。
 前日は、満員電車にお母さんと離れた場所で、ぎゅうぎゅうに押されながらも、落ち着いて乗っていられたそうです。
以前は「嫌だよ、おかあさん…」と耐えられなかったのに。

●創造力、集中力、成し遂げる力
表現1
 ノートの表紙のハムちゃんのキャラクターを、紙粘土で再現する遊びを始めると、 顔のパーツを下書きしてから、ハムちゃんを作りあげ、 瞳のキラキラしているところまで細かく表現し完成しました。(右写真)
 手先を器用に使い、細部まで観察して、ていねいに作り上げた作品。
ここまでこだわりをもって、成し遂げる力をもっていることと、その意欲や集中力には目をみはるものがあります。


●希望があふれるようになった

 こんなに素晴らしい力を発揮し、たくさんの希望にあふれるようになったこうちゃん。
ダシ摂取直前の4ヵ月前にパニックを起こして、 「生きていてもしかたないんだ」と叫ばなければいられなかったこうちゃんの姿は、もう想像もできません。
 初めての集団生活で、お母さんも大きな挫折感に見舞われた幼稚園時代。
「またこうちゃんがやった…」とクラスで起きる問題はほとんど彼が原因と思われ、 困った子というレッテルを貼られた小学一年生の時代。
 このこうちゃんにも、問題ばかり起こすと受け止められた時代があったのかと思うと、その時間を取り戻すことができないかと、やりきれない思いがこみ上げてきました。

●親子の距離を置いて

  「発達障害の子どもを持つ家庭は、親子共倒れになる場合も多いのです」と、お母さん。
 ダシ摂取後の変化を振り返りながら
「もう、今までのこうちゃんだと思って接していてはいけないのですね」
「自分で感情のコントロールができるようになってきているので、自分が持っている症状と、これからは上手に付き合っていってほしいです」。

 「私も、この子と少し距離をおいて付き合っていかなければ」と、これからのこうちゃんのことを明るく話してくれました。

国光美佳(『食事でかかる新型栄養失調』著者・色彩心理インストラクター)
(月刊誌『食品と暮らしの安全』2009年5月No241号より)

>>自閉症でも奇跡 驚きの改善③(2009年6月号No242)
>>ミネラル不足食品ばかりでは病気に罹る(症例別目次)



関連書籍

書籍『食べなきゃ、危険!』

「治らない」が良くなった。医学・栄養学に衝撃を与える本

書籍『食事でかかる新型栄養失調』

前・国立健康・栄養研究所理事長 渡邊 昌先生も推薦! 日本人の食の実態に迫る大スクープ内容

書籍「最新 食べるな、危険!」

放射能から身を守るには、【同族ミネラル】を摂ることが必要不可欠。

トップへ 他のレポート 先頭へ 月刊誌検索へ関連月刊誌を検索

『食品と暮らしの安全』を購読しませんか?
最新の安全・危険情報はもちろん、食の安全に関する役立つ情報が満載。

月刊誌ご案内


 サイトマップ  |  よくいただくご質問  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ 

©2012 NPO法人食品と暮らしの安全基金