食品と暮らしの安全 プレスリリース
  • メール登録をすると新着情報を自動通知します。
  • メールアドレスの登録/解除は自由です。

  コーデックス(国際食品規格)プレスリリース:2005:No.4:2005年5月9日
    Date : 2005/05/10 (Tue)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コーデックス(国際食品規格)プレスリリース:2005:No.4:2005年5月9日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●5月9日 第33回コーデックス表示部会がマレーシア・コタキナバルにて
開催された。

●食品と暮らしの安全基金は、IACFO(食品国際消費者機構)として参加。

●IACFOコーデックスブログはこちら

QUIDに関するビデオレポート・写真入りの報告がこちらから見れます。
  ┌────────────────────────────┐
  │日本語版 http://iacfo.weblogs.jp/codex/
  └────────────────────────────┘

  ┌────────────────────────────┐
  │英語版 http://iacfo.blogs.com/codex/
  └────────────────────────────┘

■本日(5月9日)の議題■

議題1 議案の承認
議題2 総会、他のコーデックス部会からの事項
議題3 コーデックス規格案における表示事項の検討
議題4 有機食品の生産、加工、表示及び流通に関するガイドライン
    c) 付属書2への資材追加の手順に関する検討
a) 付属書2の改定案:表3及び表4(ステップ7)
b) 付属書2の改訂原案:表1(チリ硝石)(ステップ4)

■有機食品のガイドラインについて■

昨年の表示部会の後、2つの作業部会がE-mailにて行われていた。1つは、
アメリカが議長を行っていた「 付属書2への資材追加の手順に関する検討」
に関してで、もう一つが、「付属書2の改定案:表3及び表4」であった。

両方とも、来年度も続けることなり、E-mailによるものだけでなく、来年の表
示部会の直前に作業部会を開催することを多くの国・団体(IACFOを含む)が希
望した。そのため、アメリカ、カナダがこの表示部会が終わるまでに、どのよう
な範囲で作業部会を行うかなどについて調整を行い、提案することとなった。

チリ硝石に関しては、チリ、ケニアが許可資材に入れたいと発言したものの、
その他の多くの国々が反対した。IACFOも、チリ硝石の使用は認められないこと
を、事前に以下のような意見書を出していたので、これについて説明し、反対
した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■チリ硝石に関するIACFOコメント■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品国際消費者機構は、チリ硝石を付属書2に含めることに反対する。
これは、チリ硝石はセクション5の5.1の基準を満たさないためである。

・使用目的において不可欠かどうか?
 チリ硝石は、有機的な方法で作物を育てるのに不可欠とは言えない。

・製造、使用、廃棄が環境に悪影響を引き起こさないか?
 チリ硝石の廃棄は地下水を汚染する

・代替が存在するか?
 転作や豆類の使用などの方法で、代替可能である。

:チリ硝石は、再生可能な資源ではない。また、世界のほとんどの地域で
  は、地元で調達できるものではない。したがって、チリ硝石を使用す
  ることは、有機農業に対する消費者の期待にそぐわないといえる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ほとんどの国が反対をしているものの、現在「付属書2への資材追加の手順
に関する検討」を行っているため、チリ硝石を例として、パイロットスタデ
ィー(ケーススタディ)を行うことをアメリカが提案。
これが受け入れられることとなったため、チリ硝石はステップ3のままにし
今後の作業部会で、ケーススタディーに使用される。

しかし、チリ硝石に関しては多くの国が反対しているため、リストに加えら
れることはない方向だ。

■明日(5月10日)の議題予定■

議題9 トランス脂肪酸の定義に関する検討
議題5 遺伝子操作食品の表示
a)  包装食品の表示に関する一般規格の修正案
(遺伝子操作技術由来/遺伝子組換え食品の表示に関する勧告案)
:定義(ステップ7)
b) 遺伝子操作技術由来/遺伝子組換え食品及び原材料の表示に
関するガイドライン案: 表示規定(ステップ4)

・トランス脂肪酸に関しては、議題9に予定されていたが、本日の議題の承認
の際に、議題4の後に話し合うことが提案され、これが認められたため、
明日話し合いがされる。

・明日は遺伝子操作食品の表示の議論が予定されている。長い議論となること
が予測される。

■そのほか■
本日は会議のあと、レセプションが行われた。夕食を食べながら、各参加者と
親交を深めた。

私はカナダの政府代表団と同じテーブルで、食事をし、会話を楽しむことがで
きた。表示部会は第1回からカナダが議長で、カナダで行われてきたが、今回
は初めてのマレーシアでの開催。カナダ政府代表団は、初めて、24時間ほどの
旅の後、時差に苦しみながら参加することの大変さをしみじみと語っていた。

コタキナバルは常夏、、、でも、会場は、冷蔵庫にいるような気がするほど
冷房が効いています!私は長袖、長ズボンはもちろんのこと、バスタオルまで
持ち込んでいますが、あまりの寒さのため、早くも風邪気味。多くの参加者、
特に薄着の女性は、寒がっているのですが、冷房の効かせすぎも、マレーシア
では良いサービスのうちなのでしょう。明日もあたたかくして、会議に臨む
つもりです。

http://iacfo.weblogs.jp/


  コーデックス速報ブログ開設
    Date : 2005/05/01 (Sun)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コーデックス(国際食品規格)プレスリリース:2005:No.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●IACFO(食品国際消費者機構)コーデックス速報ブログを開設

食品と暮らしの安全基金・ホームページリニューアルセンターの共同プロジ
ェクトとして、写真・ビデオも入った速報ができるブログを開設しました。

  ┌────────────────────────────┐
  │日本語ブログ http://iacfo.weblogs.jp/codex/
  └────────────────────────────┘

  ┌────────────────────────────┐
  │英語ブログ http://iacfo.blogs.com/codex/
  └────────────────────────────┘

■コーデックス速報ブログはこんな特徴があります。■

●その1【写真・ビデオが入ります】

このプレスリリースでは、文字情報しかお届けできませんが、ブログは、写
真・ビデオもお届けすることができます。会議のちょっとしたワンシーンや
裏話なども、お届けする予定です。

●その2【読者の方も参加できます】

読者の方も、お気軽にコメントができるシステムになっています。
ご質問等にお答えすることは時間の関係上できないと思いますが、コメント
をお寄せいただければ、励みになります。

●その3【日本語版・英語版同時開設です】

日本語版は食品と暮らしの安全基金が担当し、英語版はIACFOのメンバーであ
るCSPI(公益科学センター)が主に担当します。

日本語版と英語版の内容は異なりますので、ぜひ、両方アクセスしてみてく
ださい。

●会議は、5月7日作業部会、5月9-14日本部会のため、まだ、現在はほとんど
内容はありません。「お気に入り」、「ブックマーク」に入れておいてくだ
さい。あとは、現地マレーシアで、インターネットが無事にうまく接続します
ように祈っていてくださいね!

---------------------------------------------------------------------
■マスコミの方でこのブログについてご紹介をいただける場合には、食品と暮
らしの安全基金とホームページリニューアルセンターの共同プロジェクトであ
ることを明記して下さい。■


食品と暮らしの安全基金:http://tabemono.info/
ホームページリニューアルセンター:http://hpnew.com/
---------------------------------------------------------------------


  コーデックス表示部会
    Date : 2005/04/28 (Thu)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コーデックス(国際食品規格)プレスリリース:2005:No.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●国連のFAO(食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)のプログラムであるコ
ーデックス(国際食品規格)委員会の表示部会が、マレーシア・コタキナバ
ルで5月9−13日に行われます。

●原材料パーセント表示に関しては、5月7日に作業部会が開かれ、この話し
合い結果を本会議である表示部会に持っていくという形をとります。

●食品と暮らしの安全基金は、IACFO(食品国際消費者機構)として参加いた
します。

●コーデックスに関して、詳しくお知りになりたい方はこちら。

  ┌────────────────────────────┐
  │コーデックス http://www.tabemono.info/kokusai/index.html
  └────────────────────────────┘

■注目の議題■

・遺伝子組換え食品の表示(議題5)

今年も、表示部会の注目は、遺伝子組換え食品に関する表示の問題です。
す。1993年から話し合われているにもかかわらず、欧米の対立は激しく、
話し合いが進んでいません。

・原材料パーセント表示(量的原材料表示)(議題6)

「フルーツヨーグルトって言っても、どれくらいフルーツは入っているの
かしら?」

「大豆ココアって、体によさそうな大豆が入っているらしいけど、大豆が
どれくらい入っているのかしら?」

と思ったことはありませんか?

現在、原材料表示を見てわかることは、「何が入っているか」というこ
とだけです。「何が何パーセント」入っているかを、わかるようにする
のが、原材料パーセント表示(量的原材料表示)です。

タイでは、全面的に、原材料パーセント表示がされています。ヨーロッ
パでも、一部の商品にされています。国際的にも、コーデックスで、
QUID(クイッド:Quantative Ingredient Declaration)と呼ばれ、話し
合いが進められています。

消費者が商品を選ぶのに役立つ、この原材料パーセント表示を、IACFO、
 安全基金は推進しています。

原材料パーセント表示に関して、今回のコーデックスでは、本会議前
 に作業部会が開かれ、その話し合いの結果を本会議に持っていくとい
 う形をとります。

*原材料パーセント表示に関する月刊誌記事はこちらから
  ┌────────────────────────────┐
  │記事 http://www.tabemono.info/chosa/comments/2005_4_28.html
  └────────────────────────────┘


*原材料パーセント表示に関する講演会資料はこちらから
  ┌────────────────────────────┐
  │資料 http://www.tabemono.info/chosa/ko-en/codex_0716/1.pdf
  └────────────────────────────┘

■第33回表示部会 議題■

議題1 議案の承認
議題2 総会、他のコーデックス部会からの事項
議題3 コーデックス規格案における表示事項の検討
議題4 有機食品の生産、加工、表示及び流通に関するガイドライン
a) 付属書2の改定案:表3及び表4(ステップ7)
b) 付属書2の改訂原案:表1(チリ硝石)(ステップ4)
c) 付属書2への資材追加の手順に関する検討
議題5 遺伝子操作食品の表示
a)  包装食品の表示に関する一般規格の修正案
(遺伝子操作技術由来/遺伝子組換え食品の表示に関する勧告案)
:定義(ステップ7)
b) 遺伝子操作技術由来/遺伝子組換え食品及び原材料の表示に
関するガイドライン案: 表示規定(ステップ4)
議題6 包装食品の表示に関する一般規格の修正案
    (原材料パーセント表示)Step4
議題7 原産国表示についての検討
議題8 広告に関する討議資料
議題9 トランス脂肪酸の定義に関する検討
議題10 その他、次回の会議
議題11 議事録の採択


■日程■
5月7日 原材料パーセント表示 作業部会
5月9日 表示部会第1日目
5月10日 表示部会第2日目
5月11日 表示部会第3日目
5月12日 会議休み(事務局が議事録の準備するため)
5月13日 表示部会第4日目(議事録の採択)

次回のコーデックスプレスリリースは、5月7日以降、
現地コタキナバルからお届けする予定です。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]

Copyright (C) Kent Web 2002
MagMagBoard v2.0